ウィンブルドン2017錦織圭2回戦の相手とNHKのテレビ放送

 

 ウィンブルドン(全英オープンテニス)2017 

9シードの錦織圭選手は1回戦に登場し、世界ランク105位の

チェッキナートにストレートで勝利して、2回戦に進出しました。

 

前哨戦のゲリー・ウェバー・オープンの棄権でフィジカル面が

心配された錦織選手でしたが、故障の影響はなさそうでした。

 

また万全であれば、やはりこのクラスの選手には負けません。

 

初対戦のチェッキナートでしたが、終始圧倒し完勝で2回戦に進出です。

 

特に1STが冴えた点は収穫ですし、ウィンブルドンのサーフェスにも

適応していたようです。

 

初戦としてはいい滑り出しとなりました。

 

そんな気になる錦織圭選手の2回戦の詳細をご紹介します。

 

錦織2

 

ウィンブルドン2017錦織圭2回戦の相手とNHKのテレビ放送

 

【ウィンブルドン2017

 

スポンサードリンク

 

2回戦)

⑨錦織圭9位) 3-1   S・スタコフスキー122位)

(6-4、6-7(7)、6-1、7-6(6))

※第4セットはスタコフスキーのサービスから

 

/5日(水) PM21時試合開始予定

 

錦織圭選手の2回戦の試合は当日の第1試合になりました。

そのため天候などが悪くなければ、時間通りはじまります。

 

NHK:総合(サブチャン)PM21時~(生中継)

 

WOWOWPM1930分~(生中継)

 

WOWOWの詳細はこちら

 

錦織圭の2回戦の相手の詳細

 

スポンサードリンク

 

錦織圭選手の2回戦の対戦相手は世界ランク81位のベネトー

(フランス)と同122位のスタコフスキー(ウクライナ)の勝者です。

 

※追記

錦織選手の2回戦の対戦相手はスタコフスキーになりました

 

対戦が有力なベネトー35歳のフランスのベテラン選手。

 

06

 

185㎝、79kgのオールラウンダータイプのプレーヤーで、

キャリアハイの世界ランクは25位の中堅選手です。

 

対戦成績は錦織圭選手の4勝1敗で、2007年の初対戦時は

敗れましたが、その後は4連勝中。

 

直近の対戦は昨年のウィンブルドンで、この時は3-1

4-66-46-46-2)で勝利しています。

 

フェデラーにも勝利したことのある実力者のベネトーですが、

このところ年齢的なものもありパフォーマンスも低下

 

今年はチャレンジャーツアーに回ることもあり、格上選手には

ほとんど勝つことができません。

 

数年前のベネトーならばちょっと不気味な存在でしたが、

現状では錦織選手の優位は揺るぎません。

 

一歩のスタコフスキーはウクライナの31歳のベテラン選手。

 

07

 

193㎝、80kgの体格からの高速サービスが最大の武器の

ビッグサーバーです。

 

キャリアハイの世界ランクはこちらも31位の実力者で、

ツアーでも4勝を挙げています。

 

また2013年のウィンブルドンではフェデラーを破る大金星を

挙げています。

 

対戦成績は錦織選手の0勝2敗ですが、どちらも2011年のもので

参考になりません。

 

またこのところのスタコフスキーは主戦場がチャレンジャー大会に

なっており、格上選手にもほとんど勝てていません。

 

乗らせると怖いビッグサーバーですから警戒は必要ですが、

こちらの選手が勝ち上がって来ても、錦織選手に分があることは

確かです。

 

ベネトーよりもスタコフスキーのほうが嫌な感じもしますが、

上位進出を目指すなら一蹴しなければならない相手でしょう。

 

久しぶりにドロー運に恵まれたこの大会ですが、第9シードなので

4回戦からTOP10選手との対戦も予定されています。

 

そのため序盤はスタミナ温存の意味を含めて、

ストレートで完勝といきたいところです。

 

錦織選手の健闘を期待しましょう!!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ