全仏オープンテニス2017錦織圭2回戦シャルディー戦のテレビ放送

 

 全仏オープンテニス(ローランギャロス)2017 錦織圭選手は

初戦の1回戦に登場し、コキナシスを3-1で下して2回戦

進出しました。

 

当初は1STとショットも精彩を欠き、本調子ではない

コキナシスに苦戦しました。

 

しかししり上がりにショットの精度を上げて逆転勝ち。

 

コキナシスのダブルフォルト連発にも助けられました。

 

ただしSTが終始不安定だったことから、このあたりが

次戦の課題となりそうです。

 

内容的には決して褒められたものではありませんが、

とにかく負けなかったことが大きいはず。

 

次戦以降の修正を期待しましょう。

 

気になる錦織選手の2回戦の詳細をお伝えします。

 

0

 

全仏オープンテニス2017錦織圭の2回戦の日程やテレビ放送

 

【全仏オープンテニス2017

 

スポンサードリンク

 

(2回戦)

⑧錦織圭9位) 3-0 J・シャルディー74位)

(6-3、6-0、7-6)TB7-5

※TBはシャルディーのサービスから

 

※速報

錦織TB制して薄氷の勝利!ただし故障が非常に心配です

3S12G錦織苦しみながらもキープでTB突入

3S11G錦織何もできずシャルディーがキープ。なんとかTBに持ち込みたい

3S10G錦織シャルディーのミスに助けられ簡単キープ!

3S8G錦織0-40から追いつくも痛恨のブレイク

錦織このセットで決めなければ、ちょっと厳しいか?

動きはややよくなったものの苦しい展開が続きます

3S6G錦織1BP凌いで大きなキープ!

錦織故障は右肩のようです

3S5Gシャルディーが簡単キープ。錦織はやはり動きがおかしい

シャルディーもがぜん色めきだってきました

3S4G錦織いきなりショットが乱れてブレイクを許す。やはり故障か?

試合再開です。どうやら右胸の筋肉のようです。大事がなければいいですが

錦織まさかのMTOで試合が中断です

3S3G錦織連続ブレイク!シャルディーは諦めたようです

シャルディーはこれで戦意喪失か?

3S1G錦織またもやブレイク!これでセットまたぎで9G連取!

どうやらテレ東の中継は録画になりそうです

2S6G錦織ラブゲームキープで2セット連取

2S5G錦織3連続ブレイクです!すごいカウンターも飛び出しました

2S4G錦織ラブゲームキープ!シャルディーこのセットを捨てたか?

2S3G錦織連続ブレイクで前のセットから怒涛の5G連取!一方的になってきました

2S1G錦織がいきなりブレイク!とにかくショットがよくて押しています

1S9G錦織簡単キープで1セット先取!1STがよくなってきました

シャルディーはエラーが増えてきて錦織ペースです

1S8G錦織シャルディーのミスを見逃さずブレイク!次はキープしたい

シャルディーは1STの調子が良く、流れを渡しません

試合は拮抗していますが、今日の錦織はストロークがいいです

ただし1STがまた今ひとつです

錦織は初戦よりも動きがいいですし、ショットも安定してきました

1S2G今度は錦織がブレイクバック!荒れた立ち上がりです

1S1G錦織ショットが精彩を欠きいきなりブレイクを許します

 

/1日(木) PM20時試合開始予定

 

※前の試合のチリッチ戦は既に終了しています。

間もなく錦織選手の試合もはじまるでしょう(PM20時00分)

 

錦織圭選手の2回戦の試合は当日の第2試合に組まれました。

PM18時からはじまるチリッチVSクラフチェク戦に引き続いて

おこなわれます。

 

テレビ東京:PM21時~(生中継)

 

WOWOWPM1755分~(生中継)

 

WOWOWの詳細はこちら

 

全仏オープンテニス2017錦織圭の2回戦の対戦相手の詳細

 

スポンサードリンク

 

錦織圭選手の2回戦の対戦相手は世界ランク74位のシャルディーです。

 

00

 

30歳のシャルディーは地元フランスのベテランで、188㎝からの

強烈な1STとショットが特徴の選手。

 

キャリアハイの世界ランクは25位で、過去にフェレールやデルポトロを

破ったこともある実力派。

 

対戦成績は錦織選手の5勝2敗でこのところ3連勝中ですが、

クレーでは1勝1敗の五分。

 

またもつれることが多く、地元の選手で完全アウェイ状態も予想されますから

やや厄介な選手です。

 

とは言え、今年の全豪OPでは3-0(6-36-46-3)で完勝しています。

 

また今季のシャルディーはマイアミOPでチリッチに勝利する金星を挙げましたが、

その後は格上の選手にほとんど勝てず、最近ではチャレンジャー大会に回っています。

 

2回戦の相手としては嫌なものの、現状では錦織選手が有利と言えるでしょう。

 

1回戦の試合も序盤は予想外に苦戦しましたが、その後はしり上がりに

調子を上げてきました。

 

なので、次の2回戦も期待できるはずです。

 

しかも3回戦で対戦が有力だった世界ランク28位の苦手クエリーが、

63位のヘヨン・チュン(韓国)に敗れる波乱。

 

※追記

4回戦で対戦が有力だった第9シードのA・ズべレフもベルダスコに

まさかの初戦敗退。

ドローも一気に楽になり、錦織選手に強烈な追い風が吹いてきました!

 

かなり厳しいドローの今大会でも錦織選手に追い風が吹いてきました。

 

体力温存の意味も含めてストレートでの勝利を期待したいところです。

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ