マドリードオープン2017錦織圭3回戦の相手とテレビ放送

 

ムチュアマドリードオープン2017 第6シードの錦織圭選手は初戦となる

2回戦の試合に登場し、世界ランク40位のシュワルツマンを逆転で下し

3回戦に進出しました(1-6、6-0、6-4)。

 

第1セットはミス連発で落としたものの、第2セットはギアを上げて

圧巻の6ゲーム連取。

 

第3セットこそブレイク合戦の末にものにしましたが、

やはりこのようなストローカータイプの選手には負けません。

 

エラーの数が多く、右手首の状態も気になるところですが、

復帰戦としてはまずまずの内容でした。

 

とは言え、このマドリードオープンのドローは錦織選手にとっては

かなり厳しく、次戦の3回戦からは難敵との対戦となります。

 

気になる錦織選手の3回戦の試合の詳細をご紹介します。

 

錦織5

 

マドリードオープン2017錦織圭3回戦の相手とテレビ放送

 

【マドリードオープン2017

 

スポンサードリンク

 

(3回戦)

⑥錦織圭8位) 2-0  D・フェレール30位)

(6-4、6-3)

※第2セットはフェレールのサービスから

※速報

2S9G錦織ブレイクで試合終了

2S5G錦織がブレイク!

1S6Gフェレールがブレイクバック

1S5G錦織が再びブレイク

1S1G錦織がいきなりブレイク

 

/11日(木) 19時試合開始予定

 

錦織選手の3回戦の試合は当日の第1試合になりましたので、

遅延の可能性は少ないです。

 

(テレビ放送)

NHKBS1 19時~(生中継)

 

スカパーGAORA19時~(生中継)

 

スカパーの詳細

 

(ネット中継)

 

スポナビライブで放送があります。

スポナビライブの詳細

 

 

錦織圭の3回戦の相手詳細

 

スポンサードリンク

 

錦織圭選手の3回戦の相手は、第10シードのツォンガ11位)と

フェレール30位)の勝者です。

 

※追記

ツォンガの棄権により、錦織選手の3回戦の相手は

フェレールになりました。これはラッキーです!

 

対戦が有力な第11シードのツォンガは、これまで熱戦を繰り広げてきた

ライバルです。

 

01

 

対戦成績は錦織選手の5勝3敗ですが、クレーコートでの対戦は

ツォンガ1勝0敗2015年の全仏オープン)です。

 

しかも直近の対戦の2016年のパリマスターズでは、錦織選手は逆転負けを

喫しています(6-03-66-73))

 

ハードコートなら錦織選手にやや分がありますが、クレーでは互角ですし、

故障明けを考えると今回はツォンガに分があると言わざるを得ません。

 

しかも今季のツォンガは絶好調で、全豪OPではベスト8進出、

ロッテルダム(500)とマルセイユ(250)では優勝しています。

 

チリッチ、ゴフィン、キリオスといった実力者を倒していますから、

やはり強さが目立ちます。

 

とは言え、ここ2戦は疲れがでたのか初戦敗退を喫しています。

 

相手もフォニーニやマナリノといった格下ですから、ちょっとツォンガの

最近の調子は掴めません。

 

いずれにしても相手がツォンガとなった場合には、かなりタフな試合が

予想されるはずです。

 

一方のフェレールも言わずと知れた錦織選手の宿敵で、

これまでもかなりいい試合を繰り広げてきました。

 

02

 

対戦成績は錦織選手の8勝4敗で、クレーコートに限ると2勝0敗です。

 

長らく世界ランクのTOP10をキープしてきたフェレールですが、

昨季の故障の影響もあり、世界ランク30位台まで後退。

 

また今季の調子も悪く、このところは格下への取りこぼしも目立っています。

 

前回大会のエストリルオープンでは久々に準決勝まで進出したものの、

カレノブスタに完敗しています。

 

錦織選手も故障明けで本調子ではないですが、フェレールも全盛期とは

比較にならないほどの調子の悪さです。

 

ツォンガよりも今のフェレールのほうが格段にやりやすい相手と言えますが、

錦織選手とは名勝負を繰り広げてきた好敵手だけに、ちょっと淋しい限りです。

 

ただし、錦織選手の目標であるマスターズ1000シリーズの優勝を

実現させるためには、ツォンガでもフェレールでも打ち破らなければならないところ。

 

今季は故障などもあって今ひとつ波に乗れない錦織選手にとっては、

難敵相手の勝利こそ最高の薬にもなりそうです。

 

全仏オープンも近づいてきているだけに、上位進出はしておきたいですね。

 

錦織選手の健闘を期待しましょう。

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ