マドリードオープン2017錦織圭の初戦2回戦の相手やテレビ放送

 

ムチュア・マドリードオープン2017年のドローが発表され、

6シードとなった錦織圭選手。

 

バルセロナオープンでは右手首の故障により無念の棄権となりましたが、

ドローも厳しいものになり、復帰戦としてはタフな戦いになりそうです。

 

この大会は4年連続でベスト8に進出するなど相性はいいですが、

今年に関しては厳しい戦いを強いられそうです。

 

実践も3月末のマイアミオープン以来ですから、まずは初戦といきたい

ところですが、初戦からなかなか厳しい試合となりそうです。

 

錦織選手の初戦となる2回戦の試合の詳細をお伝えします。

 

錦織3

 

マドリードオープン2017錦織圭の初戦2回戦の相手やテレビ放送

 

【マドリードオープン2017

 

スポンサードリンク

 

(2回戦)

⑥錦織圭(8位) 2-1 D・シュワルツマン40位)

(1-6、6-0、6-4)

※第3セットは錦織のサービスから

 

速報

3S10G錦織ブレイクで勝利

3S9G錦織4MP活かせずにブレイク許す

3S8G錦織ブレイク!

3S5Gシュワルツマンがブレイクバック

3S4G錦織大きなブレイク

3S1G錦織2BP凌いで大きなキープ

2S6G錦織6ゲーム連取でシュワルツマンに何もさせません

2S4G錦織連続ブレイク

2S2G錦織初ブレイク。ギアを上げてきました

第2セットのギアチェンジに期待するばかりです

錦織とにかくエラーが多すぎて試合になりません。

1S6G錦織再びブレイクを許す

1S4G錦織ブレイクを許す

1S3G錦織1BP活かせず、シュワルツマンがキープ

1S2G4BP凌いでキープ

1S1G錦織2BP活かせず、シュワルツマンがキープ

錦織右手首の故障は今のところ大丈夫のようです

 

/10(水) 19時試合開始予定

 

錦織選手の2回戦の試合は当日の第1試合となりました。

そのため遅延の可能性は少ないです。

 

(テレビ放送)

NHK:BS1 19時~(生中継)

 

スカパーGAORA 19時~(生中継)

 

スカパーの詳細

 

(ネット中継)

スポナビライブで配信があります。

 

スポナビライブの詳細

 

錦織圭の2回戦の対戦相手の詳細

 

スポンサードリンク

 

錦織圭選手の初戦となる2回戦の対戦相手は、世界ランク19位の

ラモスビノラス(スペイン)と同40位のシュワルツマン

(アルゼンチン)の勝者です。

 

※追記

錦織圭選手の初戦の相手はシュワルツマンとなりました。

これはいきなりラッキーです!

 

対戦が有力なラモスビノラスですが、29歳のレフティーの選手。

 

19

 

188㎝の長身を活かした強烈なファーストと粘り強いラリーが

身上の選手です。

 

好不調の波が激しいことで知られていますが、過去にはフェデラーや

ラオニッチ、マレーやチリッチなどに勝利するなど一発もあります。

 

加えて今季は絶好調で、ブラジルオープンとモンテカルロマスターズで

準優勝しています。

 

特にモンテカルロでは世界ランク1位のマレーをはじめ、チリッチ

プイユらを撃破しています。

 

またその後のバルセロナオープンでもバウティスタアグを破って、

マレーとはファイナルセットタイブレイクの接戦まで持ち込んでいます。

 

現在の世界ランクがキャリアハイと遅咲きの選手ですが、

故障明けの錦織選手の初戦の相手としてはけっこう厳しいです。

 

両者の対戦成績は錦織選手の4勝1敗ですが、ラモスビノラスの得意の

クレーでは錦織選手の2勝1敗。

 

直近の対戦が2013年と古いものであまり参考になりませんが、

今大会では脅威になることは確かでしょう。

 

錦織選手の右手首の状態にもよりますが、今後に弾みをつける意味でも

何とか勝利をもぎ取ってほしいものです。

 

一方のシュワルツマンは、170㎝のクレーコーター。

 

TENNIS - INTERNATIONAUX DE FRANCE - ROLAND GARROS 2014 - PARIS (FRA) - 2EME TOUR - SCHWARTZMAN DIEGO SEBASTIAN (ARG). PHOTO : CORINNE DUBREUIL / FFT

 

とにかく拾いまくって粘り込むのが身上の選手で、さほどやりにくい

相手ではありません。

 

対戦成績は錦織選手の1勝0敗で、直近の対戦は今年のアルゼンチンオープン。

 

この時は錦織選手はまさかの第1セットダウンとなりましたが、

その後はともに6-2で圧倒しています。

 

こちらの選手のほうがラモスビノラスよりも遥かにやりやすい選手です。

 

ラモスビノラスが相手となった場合は地元選手でもあるので、

完全アウェーも覚悟しなければならないので厄介です。

 

とは言え、これまでも故障明けなど厳しい条件で良績を残してきた

錦織選手です。

 

今大会は絶好調のフェデラーが不在で、マレーとジョコビッチの2強にも

陰りが見えてきています。

 

悲願でもあるマスターズ制覇も狙えるでしょうから、とにかく健闘を

期待したいところです。

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ