アルゼンチンオープン2017ドロートーナメント表や錦織圭のシード順

 

2017年の錦織圭選手の第3戦目となるのが、アルゼンチンオープンです。

 

※最新情報

第2シードのクエバス、第3シードのフェレールが2回戦敗退

 

昨年までは全豪オープン後は、デビスカップに出場し、4連覇を達成した

メンフィスオープンに向かっていましたが、今年は大幅にスケジュールを変更。

 

クレーのアルゼンチンオープンATP250)とリオオープンATP500)を

使った後に、インディアウェルズに向かいます。

 

一昨年あたりからクレーの成績も向上してきたことから、全仏オープンを

見据えたローテーションなのでしょう。

 

また強烈なファーストのない錦織選手には、本質的にクレーは合っていると

思いますし、大きな飛躍にも期待です。

 

錦織3

 

アルゼンチンオープン2017日程やテレビ放送

 

【アルゼンチンOP2017

 

スポンサードリンク

 

(日程)

 

2/13(月)予選

2/14(火)予選

2/15(水)1回戦

2/16(木)2回戦

2/17(金)準々決勝

2/18(土)準決勝

2/19(日)決勝

 

(テレビ放送)

 

現時点でアルゼンチンオープン2017のテレビ放送は決まっていません。

 

有料チャンネルのWOWOWあるいはスカパーGAORAなどでは放送が

ありそうですが、地上波やBSは望み薄です。

 

※追記

今年のアルゼンチンオープンはWOWOWやスカパーGAORAでも

放送がありません。

 

ATP250の大会ですし、会場となるブエノスアイレスとは時差が

12時間あります。

 

そのため日本時間で夜半過ぎから深夜にかけて試合がおこなわれる

ことになりますから、視聴率も見込めません。

 

恐らくは地上波やBSでも放送はないようです。

 

ネット中継も含めまして、詳細が判明した際には追記しておきます。

 

アルゼンチンオープン2017ドロー・トーナメント表

 

【ドロー2017】

アルゼンチン

 

【展望】

予想通り第1シードになった錦織圭選手ですが、

初顔の多い対戦予定となりました。

 

1回戦は世界ランク52位のシュワルツマンと同76位のバグニスの勝者で、

どちらも地元アルゼンチン勢です。

 

シュワルツマンとなった場合はやや警戒です。

 

シュワルツマンは24歳の若手で、現在のランクがキャリアハイと勢いがあります。

 

今季は全豪OPで当時世界ランク22位だったクエバスを、ブリスベンでは

31位のクエリーに勝利する金星を挙げています。

 

昨年のアントワープではゴフィンを破っていますし、ツアー初優勝を挙げた

イスタンブールでは決勝でディミトロフを撃破しています。

 

錦織選手とはこれが初対戦となりますが、勢いのある地元のクレーコーター

ですし、初戦の相手としてはやや不気味です。

 

順当なら準々決勝で対戦が予想される第6シードで世界ランク47位のソウザ

クレーではやや不気味な相手。

 

対戦成績は錦織選手の0勝1敗ですが、昨年の楽天OPでの臀部の故障による

棄権負けのもの。

 

サーフェスがハードなどなら安パイといえる選手ですが、クレーですと

力を発揮し、昨年もカルロビッチやソック、アンダーソンあたりの

中堅どころを撃破しています。

 

準決勝は錦織選手の好敵手の第3シードのフェレール25位)が有力です。

 

これまで錦織選手とは何度も激戦を戦ってきており、対戦成績は錦織選手の

84敗で、クレーでは20敗です。

 

しかし昨年後半からは不調で格下への取りこぼしも目立っており、

世界ランクもここまで下がってしまいました。

 

素晴らしいプレーヤーですし油断は禁物ですが、対戦となれば

錦織選手が優位でしょう。

 

なお第7シードのフォニーニも警戒が必要な選手で、昨年の

マドリードでは錦織選手とはフルセットの熱戦となっています。

 

順当なら決勝で対戦が予想される世界ランク20位で第2シードの

クエバスですが、対戦成績は錦織選手の10敗ですが2011年のものです。

 

クレーならナダルを倒したこともある一発のある選手ですが、波が激しく、

成績も安定しないのも事実。

 

個人的には準決勝で対戦する可能性のある2選手のほうがやりにくいように

思えます。

 

さすがにクレーコーターがずらりと揃いましたが、このメンバー構成なら

錦織選手は優勝が義務づけられていると言っても言い過ぎではありません。

 

さらなる進化を遂げるためには、何としても圧勝で今季ツアー初制覇を

飾ってもらいたいところです。

 

スポンサードリンク

 

 

アルゼンチンオープン2017錦織圭のシード順は

 

現時点でアルゼンチンオープンの上位シードになりそうな

出場予定の選手は次のとおりです。

 

錦織圭(5位)

D・フェレール(21位)

P・クエバス(22位)

A・ラモスビノラス(27位)

P・カレノバスタ(30位)

P・ロレンツィ(40位)

F・デルボニス(41位)

J・ソウザ(43位)

 

このようにクレー巧者がズラリと揃いましたが、TOP10ランカーは

錦織圭選手のみなので、出場すれば第1シードが確定的です。

 

クレーでは油断できない相手も多いですが、ここは優勝しなければならない

メンバー構成となりました。

 

昨年はATP250のメンフィスのみの優勝に留まるやや物足りない内容でしたから、

景気づけの意味も含めて久しぶりの優勝はほしいところ。

 

できればこの大会と次戦のリオオープンを連覇して、インディアンウェルスに

臨んでほしいところです。

 

クレーコートでの錦織圭選手の健闘を期待しましょう!!

 

送料無料はamazon

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ