全豪オープンテニス2017錦織圭4回戦フェデラー戦のNHKのテレビ放送

 

 全豪オープンテニス2017 第5シードの錦織圭選手は世界ランク121位の

ラッコを下し、4回戦に駒を進めました。

 

※最新情報

第1シードのマレーが世界ランク50位のズべレフ兄に敗れる大波乱です!

1-3(5-7、7-5、2-6、4-6)

錦織選手のグランドスラム初制覇のチャンスが広がりました!

何としてもフェデラー戦は勝ってほしい!

 

やはり錦織選手にとってラッコは敵ではありませんでした。

 

当初は強烈な1STにやや手こずったものの1セット途中から

主導権をガッチリ握ります。

 

ラッコも非常に調子が良かったようですが、錦織選手が

自力で押し切ります。

 

フォアのミスが目立ったのが修正点でしょうが、スコア以上の完勝で

体力温存もできたことは収穫でしょう。

 

いよいよ錦織選手はこの大会の大きな関門となる4回戦に臨みます。

 

注目の4回戦の詳細をご紹介します。

 

錦織

 

全豪オープンテニス2017錦織圭4回戦フェデラー戦のNHKのテレビ放送

 

【全豪オープンテニス2017

 

スポンサードリンク

 

(4回戦)

⑤錦織圭5位) 2-3  R・フェデラー17位)

(7-6(4)、4-6、1-6、6-4、3-6)

第5セットはフェデラーのサービスから

 

※追記

ご覧の通り、錦織選手はフェデラーに惜敗しました。

第1シードのマレーが敗れていたことからチャンスでしたが、

今日のフェデラーは強かったです。

しかし両者の死闘はすさまじく、素晴らしい試合でした。

ご拝読ありがとうございました。お疲れ様です

 

※速報

5S9Gフェデラーキープで錦織惜敗

5S8G錦織簡単キープ!もうブレイクしかない!

5S7Gフェデラー簡単キープ。錦織付け入るスキがありません

5S6G錦織苦しんでキープ

5S5Sフェデラー簡単キープで流れを渡しません

5S4G錦織2BP凌いで大きなキープ!さあ反撃だ

錦織動きには問題なし。頑張れ!

錦織再びMTOです。恐らく古傷の左脇腹です。厳しいか?

5S3Gフェデラーが簡単キープ。錦織もうブレイクを許すわけにいかない

5S2G錦織痛恨のブレイクを許す。これは痛い

両者疲労の色が出るほどの死闘になっています

5S1Gデュースになりましたがフェデラーがキープ

ただし錦織のプレーに大きな支障はないようです。

錦織MTOをとり腰の治療です

4G10G錦織キープでファイナル突入

錦織相手のサービスにまったく反応しません。体調面が心配

4S8G錦織キープですが左脇腹を気にしているのが気になります

錦織のほうがちょっと疲れてきたか?

4S6G錦織簡単キープ。フェデラーのエラーが多くなってきており、押し切りたい

4S5G錦織反撃のブレイク!!前のGのキープが大きかった!次のSGが大切

4S4G2BP凌いで錦織が大きなキープ!反撃の糸口をつかみたい

錦織は決して悪くないのですが、フェデラーのプレーに翻弄されています

今日のフェデラーは本当に強いです

4S2G錦織苦しんでキープ!ここから反撃だ!

フェデラーはスタミナ面に不安がありますので、何とかフルセットに持ち込みたい

3S7G錦織捨て気味でしたがフェデラーがブレイクで先行されました

3S5Gフェデラーが連続ブレイク。フェデラーの厳しいリターンに手を焼いています

3S4G錦織1BP活かせずフェデラーキープ

3S3Gフェデラー厳しい攻めでブレイク

第3セットはここまで互角。錦織フェデラーの1STに対応しはじめています

 

/22日(日) PM17時試合開始予定

※追記

第3試合まで既に終了しているので、予定通り開始となりそうです(PM16時25分)

 

錦織圭選手の4回戦の試合は、当日の4試合目に組まれました。

ナイトセッションの第1試合なので開始時間は繰り上がりません。

前の試合の進行状況によっては開始時間の遅延の可能性もあります。

 

(テレビ放送)

 

WOWOWAM855分~(生中継)

 

WOWOWの詳細はこちら

 

NHK:Eテレ PM17時~(生中継)

 

試合開始時間やNHKの放送時間は、判明次第追記しておきます。

 

錦織圭の4回戦の相手の詳細

 

スポンサードリンク

 

錦織圭選手の4回戦の相手は、第10シードで世界ランク10位の

ベルディハと第17シードで同17位のフェデラーの勝者です。

 

※追記

錦織選手の4回戦の相手はフェデラーになりました。

ベルディハを簡単にストレートで下しているところを見ると

かなり復調しているようです

 

両者の過去の対戦成績はフェデラーの166敗で、5連勝中なので

フェデラーが有力ですが、長期休養明けなので波乱もあるかもしれません。

 

もはや説明不要のフェデラーですが、対戦成績は錦織選手の2勝4敗

現在は3連敗中です。

 

フェデラー

 

(フェデラーとの対戦成績)

 

2015ツアーF 1-2(5-76-44-6

2014ツアーF 0-2(3-62-6

2014ゲリーW 0-2(3-66-74))

2014マイアミ 2-1(3-67-56-4

2013マドリード 2-1(6-41-66-2

2011スイスI 0-2(1-63-6

 

とは言え、最後の対戦となった2015年のツアーファイナルでは

錦織選手が粘ってファイナルセットに持ち込みましたし、

フェデラーは故障明けです。

 

言うまでもなくフェデラーは強豪ですが、以前から錦織選手は

マレーやジョコビッチほどの苦手意識はないとコメントしていました。

 

前回の対戦ではフェデラーの強烈なフォアを封じるために、

バックに球を集めていた錦織選手ですが、同じような戦い方をするかも

しれません。

 

対戦となればかなりの激戦となるでしょうが、錦織選手の頑張りにも期待です。

 

一方のベルディハとの対戦成績は、錦織選手の4勝1敗です。

 

ベルディハ

 

ベルディハも長らく世界ランクTOP10をキープしている強豪ですが、

以前から錦織選手の相性のいい相手です。

 

(ベルディハとの対戦成績)

 

2015ツアーF 2-1(7-53-66-3

2012楽天OP 2-0(7-56-4

2012モンテカルロ 1-2(6-22-64-6

2011スイスI 2-1(3-66-36-2

2009ブリスベン 2-0(7-67)、6-3

 

とは言え、簡単に勝てる相手ではなく激戦になることも予想されます。

 

196㎝からの強烈なサービスやフォアハンドなど攻撃的なテニスが

持ち味だけに、錦織選手はいかに得意のラリー戦に持ち込めるかが

カギになりそうです。

 

いずれにしてもこの4回戦は非常にタフな試合になりそうです。

 

ここを何とかして突破し、準々決勝で対戦が予想される第1シードの

マレー戦に弾みをつけたいところです。

 

錦織選手の健闘を期待しましょう!!

 

送料無料はamazon

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ