錦織圭の試合予定2015年8月~全米オープンまで

 

全英オープンテニス(ウインブルドン)を左足の故障で

無念の2回戦棄権となった錦織圭選手。

 

クレーシーズンで過密スケジュールを組んだツケとなりましたが、

約1か月間となる久しぶりの長期休養で心身ともにリフレッシュしたはずです。

 

故障した左足ふくらはぎの状態は気になりますが、筋肉の断裂等がない筋膜炎ですし、

ウインブルドンでの棄権の英断もあって回復は順調のようです。

 

8月に入ると最後の四大大会・全米オープンに向けて、

ハードコートのシーズンがはじまります。

 

昨年はケガの影響でぶっつけ気味に全米オープンを迎えた錦織選手ですが、

今季は悲願の四大大会初制覇に向けてかなり過密なスケジュールを組んできました。

 

錦織選手の2015年8月から、全米オープンに向けた試合予定をご紹介します。

 

錦織圭の2015年8月から全米OPまでの試合予定

 

スポンサードリンク



【シティオープン】

8/3日~8/9日

ATP500シリーズ

ワシントンD.C.(アメリカ)

 

錦織選手の故障明けの大会となるのが、昨年も出場したシティオープン。

昨年は準々決勝で天敵ガスケに敗れました。

 

今年はBIG4の一角マレーも出場予定ですし、チリッチ、ガスケ、ディミトロフ、

イズナーなどATP500シリーズの割には「濃い」メンバーが揃いました。

 

【ロジャーズカップ】

8/10日~8/16日

ATP1000シリーズ

モントリオール(カナダ)

 

復帰2戦目は伝統のロジャーズカップ。昨年も出場予定でしたが、

足の指の故障のためシティオープンから全米オープンに直行しました。

 

マスターズ1000シリーズなので、ジョコビッチやフェデラーをはじめとした

世界のTOPの選手たちが出場します。

 

【シンシナティマスターズ】

8/16日~8/23日

ATP1000シリーズ

シンシナティ(アメリカ)

 

ロジャーズカップに続いて出場予定なのはシンシナティマスターズ

(ウエスタンサザンオープン)。

 

全米オープンの前哨戦となるマスターズ1000大会。もちろんこの大会も

世界のTOPクラスの選手が出場してきます。

 

このシンシナティマスターズはフェデラーが強いことで知られ、

過去10年で6度の優勝を飾っています。

 

【全米オープン】

8/31日~9/13日

 

そして四大大会の最終戦・全米オープンです。錦織選手は、昨年の大会で

ジョコビッチなどの強豪を次々と破って決勝に進出しました。

 

ご覧通り、復帰戦となるシティオープン以降、錦織選手は連戦に次ぐ連戦となります。

 

このような過密なスケジュールになると、やはり怖いのは疲労からくる故障やケガです。

 

チャンコーチに師事するようになって飛躍的にフィジカルが強くなった錦織選手ですが、

先日の左足ふくらはぎの故障は気になりますね。

 

再発しやすく、クセにもなりやすい箇所なので厄介です。

仕切り直しとなるシティオープン以降の大会での錦織選手が

無事な姿で活躍することを願ってやみません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ