スイスインドア2016錦織圭準々決勝の相手とBS朝日の放送

 

スイスインドア2016第3シードの錦織圭選手は2回戦に登場し、

世界ランク37位のロレンツィをストレートで下し、準々決勝に

駒を進めました。

 

2回戦の錦織選手の試合内容は決して褒められたものでは

ありませんでした。

 

やはりロレンツィ相手とあって第1セットは流し気味のスタート。

何度もブレイクチャンスが来ますがミスも多く決められません。

 

しかしタイブレイクに入ると一気にギアを上げてロレンツィを

突き放しました。

 

とは言え、第2セットは一方的な展開で安心して見てられる内容でしたので、

調子はまずまずといった内容でした。

 

2回戦は対戦となれば嫌な相手だったビッグサーバーのマユが、

初戦で敗れるというラッキーもありました。

 

またそれに加え、同じ山の反対側のブロックの第2シードのラオニッチ

第6シードのディミトロフがともに初戦で姿を消す大波乱。

 

そのため順当なら準決勝はノーシードの選手が相手となりますし、

しかもペールまで敗れたため脅威になりそうな選手はいなくなりました。

 

準々決勝を突破できれば、決勝進出の可能性も高い状況です。

 

しかしこの準々決勝こそ、錦織選手にとっては大きな試練となりそうです。

 

%e9%8c%a6%e7%b9%942

 

スイスインドア2016錦織圭準々決勝の日程やBS朝日の放送

 

スポンサードリンク

 

【スイスインドア2016

 

(準々決勝)

③錦織圭5位) 2-0 デルポトロ42位)

(7-5、6-4)

第2セットはデルポトロのサービスから

 

※速報

速報中に寝落ちしてしまいました。ご覧頂いた方スミマセン

2S3G錦織ブレイク!!

2S1G錦織3BP活かせずデルポルトがキープ。これは痛い

全米OPのマレー戦以来のいい試合です

1S12G錦織キープで1セット先取!

1S11G錦織ブレイク!!

1S8G錦織1BP凌いでキープ

両者持ち味を活かしたいい試合をしています

1S7G錦織5BP活かせずデルポルトがキープ

ここまでラリー戦は錦織ですが、デルポトロはサービスで圧倒しています

両者譲らずなかなかいい試合です

とは言え錦織も2回戦とは見違える動きです

デルポトロのサービスが冴えており、これは厄介です

1S2G錦織1BP凌ぎキープ。ただし押されています

 

10/29日(土) AM0時試合開始予定

 

※追記

フルセットに突入した第1試合がようやく終わりました。

錦織選手の試合もはじまります(AM0時55分)

 

錦織圭選手の準々決勝の試合は当日の第2試合に組まれました

試合はAM0時より前倒しにならない設定です。

 

対戦相手は、第5シードのゴフィンかデルポトロとハーセの勝者です。

※追記

デルポトロとなりました

 

ちょっとややこしいのですが、先週はストックホルムOP23日まで開催され、

デルポトロが決勝に進出し優勝したことから、スイスインドアでの

彼の1回戦は錦織選手の2回戦の試合の後に行われます。

 

デルポトロとハーセの勝者が27日の2回戦でゴフィンと対戦し、

その勝者が錦織選手の対戦相手となります。

 

(テレビ放送)

スカパーGAORAPM22時~630分(生放送)

 

今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

 

BS朝日:AM0時~(生放送)

 

BS朝日は放送時間が発表され次第、追記しておきます。

 

1回戦と2回戦同様生中継が濃厚です。

 

スイスインドア2016錦織圭の準々決勝対戦相手詳細

 

スポンサードリンク

 

錦織圭選手の準々決勝の対戦相手ですが、現時点で世界ランク11位のゴフィン、

42位のデルポトロ、同64位のハーセですが、最大の難敵はデルポトロです。

※追記

錦織選手の準々決勝の対戦相手はデルポトロとなりました

 

%e3%83%87%e3%83%ab%e3%83%9d%e3%83%ab%e3%83%88

 

元世界ランク4位で2009年の全米オープンの覇者であるデルポトロは、

故障で世界ランクもランク外まで下がりましたが、今季はようやく復調。

 

ウインブルドンではワウリンカを、リオオリンピックではジョコビッチと

ナダルを撃破して銀メダル獲得。

 

全米オープンでも、ティエムとフェレールのTOP選手を破っています。

 

先週のストックホルムでも、ディミトロフ、ソック、カルロビッチ、

イスナーなどの実力派を相手に、1セットも落とさずに優勝しています。

 

198cm、98kgの恵まれた体格からの高速サービスと強烈なフォアハンド

が武器で、錦織選手との対戦成績もデルポトロの4戦全勝です。

 

とは言え、直近の対戦は2012年のロンドンオリンピックですから、

錦織選手の覚醒前の話です。

 

その後に錦織選手も大幅に成長したので、やってみなければわからないはずです。

 

第5シードのゴフィンはこのところメキメキと力をつけて、

世界ランクもTOP10直前まで定着しました。

 

%e3%82%b4%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%b3

 

今季もモンフィスはベルディハといったTOP10選手や先日の上海マスターズでは、

デルポトロを破っています。

 

ただし180cm68kgと体格に恵まれておらず、とにもかくにも粘りのテニスが

身上ですから、錦織選手にとってはやりやすいタイプです。

 

決して油断はできませんが、過去の対戦成績も錦織選手の3戦全勝

相性がいい選手。

 

デルポトロよりも遥かにやりやすい相手と言えるでしょう。

 

世界ランク64位のハーセはもっともやりやすい選手です。

 

%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%82%bb

 

かつてはマレーを破ったこともありますが、最近は成績も下り坂で

チャレンジャーツアーやダブルスが主戦場となっています。

 

191cmと長身のため高速サービスはありますが、

このところはTOP50の選手にもほとんど勝つことができません。

 

錦織選手とは2011年の上海マスターズで対戦しており、

その時は2-1で錦織選手が逆転勝ちを収めています。

 

厳しいドローでけっこう苦戦も予想された錦織選手ですが、

マユやラオニッチ、ディミトロフらは勝手に負けてくれました。

 

この準々決勝さえ突破できれば、久々のツアー決勝進出も濃厚といえるでしょう。

 

周知のとおりデルポトロは難敵ですが、何とか初勝利を挙げて

上位進出の足掛かりを掴んでほしいところです。

 

大ヤマとなることが予想される準々決勝に注目です!

 

送料無料はamazon

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ