スイスインドア2016ドロートーナメント表はいつ?錦織圭の出場は?

 ※最新情報

第1シードのワウリンカが敗退

第5シードのゴフィン、第8シードのソックが敗退

第2シードのラオニッチ、第6シードのディミトロフが敗退

ドローが発表されました

ナダルがこの大会を含め今季全試合の欠場を発表

 

 ATPツアーのアジアシリーズも終わり、舞台は再びヨーロッパへと

移ります。

 

楽天ジャパンオープンで負傷棄権した錦織圭選手は上海マスターズをキ

ャンセルしましたが、回復が順調ならスイスインドア2016に出場します。

 

昨年は肩の故障でキャンセルした同大会ですが、

今年は復帰戦になるようです。

 

ツアーファイナルの出場も決まった錦織選手ですが、

この大会での復活が期待されます。

 

%e9%8c%a6%e7%b9%946

 

スイスインドア2016ドロートーナメント表はいつ?

 

スポンサードリンク

【スイスインドア2016】

 

%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%82%b96

(決勝)

③錦織圭(5位) 0-2 ④M・チリッチ(12位)

(1-6、6-7(5))

 

展望はコチラ
スイスインドア2016ドロートーナメント表発表!錦織圭は厳しい!
 

錦織圭のシードは?

 

スポンサードリンク

 

スイスインドアの上位シードとなる選手は、以下のとおりです。

 

S・ワウリンカ(3位)

錦織圭(4位)

R・ナダル(5位)

M・ラオニッチ(6位)

M・チリッチ(11位)

D・ゴフィン(12位)

N・キリオス(14位)

R・ガスケ(17位)

G・ディトロフ(18位)

10/10日付

 

錦織選手は現在世界ランク4位で2番手に位置していますが、

上海マスターズ後の世界ランクには変動があり、4位ラオニッチ、

5位錦織、6位ナダルとなります。

 

そのため順当なら第3シードが濃厚ですが、場合によっては

ナダルのほうが上位シードとなる可能性も少ないですがあります。

 

なので、第3シードあるいは第4シードとなるでしょう。

 

※追記

ナダルが欠場のため錦織選手は第3シードが確実です

 

そもそも錦織圭は出場できるのか?

 

上海マスターズを臀部の軽い肉離れを理由に欠場することを発表して以来、

錦織サイドは沈黙したままです。

 

ただしこれはいつものことで、錦織選手もマメに情報発信をするほうではなく、

大会直前に参加、不参加を発表します。

 

再発の可能性もある厄介な肉離れですが、故障箇所が臀部であり症状も

軽いことを考えれば、恐らく出場する可能性は高いと思われます。

 

正式なことは直前になるまでわからないでしょうが、分かり次第追記しておきます。

 

今年のスイスインドアは常連だったフェデラーは欠場するものの、

前記の通りなかなかのメンバー構成です。

 

しかもリオオリンピック銀メダリストのデルポトロも、

予選にエントリーしています。

 

世界ランク1、2位のジョコビッチ、マレーの出場はありませんが、

かなりの熱戦が期待できそうです。

 

送料無料はamazon

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ