東レパンパシフィック2016大坂なおみ決勝の相手とテレビ放送

 

東レパンパシフィックテニス2016は日本の大坂なおみ選手が、

世界ランク20位のスビトリナを破る金星で決勝に進出しました。

 

第1セットは一方的にスビトリナに押された大坂選手でしたが、

2セット以降は軌道修正。

 

最大の武器の高速サービスの精度も上がって、パワーで押すテニスで

スビトリナに逆転勝ち。

 

自身初の決勝の舞台へと駒を進めました。

 

また決勝で対戦が有力視されていた第2シードのラドワンスカ(4位)

が敗退して、追い風も吹いています!!

 

%e5%a4%a7%e5%9d%82

 

東レパンパシフィック2016大坂なおみ決勝の試合時間とテレビ放送

 

スポンサードリンク

 

【東レパンパシフィック2016】

 

(決勝)

大坂なおみ(66位) 0-1 C・ウォズニアッキ(28位)

(5-7、3-6)

第2セットはウォズニアッキのサービスから

 

9/24(日) 正午試合開始予定

 

当日はこの1試合のみなので、天候不順などがなければ

時間通りに開始となるでしょう。

 

(テレビ放送)

BS-TBS:PM12時~(生放送)

スカパーGAORA:PM23時~(録画放送)

 

東レパンパシフィック2016大坂なおみ決勝の対戦相手詳細

 

スポンサードリンク

 

大坂なおみ選手の決勝戦の対戦相手は、準決勝で第2シードの

ラドワンスカを破った世界ランク28位のキャロライン・ウォズニアッキ

です。

 

%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%82%ba%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%83%83%e3%82%ad

 

ウォズニアッキといえば、2010年と11年に年間世界ランク1位を守り通した

強豪です。

 

その後は不調に見舞われ、現在は世界ランクを落としていますが、

言うまでもなく高い壁となって立ちはだかることになりそうです。

 

両者はこれが初対戦となり、攻撃力が武器の大坂選手と

堅守のリターナーのウォズニアッキは対照的なプレースタイル。

 

自分のテニスをどこまで貫けるかが勝負のカギを握りそうです。

 

ここまで対戦が予想された上位シードが勝手に負けていくという

ラッキーもありましたが、あれよあれよのうちにツアー初の

決勝の舞台に立った大坂選手。

 

来年のフェド杯のメンバー入りも当確との報道もあり、

もはや日本のエース格となりつつあります。

 

まだ18歳の若さですから、初のプレミア制覇の快挙を期待したいところです!

 

送料無料はamazon

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ