全米オープンテニス2016決勝ジョコvsワウリンカ試合時間&結果

 

全米オープンテニス2016はいよいよ決勝を迎えることになります。

 

第6シードの錦織圭選手は残念ながら準決勝で敗退しましたが、

決勝は第1シードのN・ジョコビッチと第3シードの

S・ワウリンカの一戦。

 

%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%82%b3%e3%83%93%e3%83%83%e3%83%81

 

%e3%83%af%e3%82%a6%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%ab

 

今年最後のグランドスラムを締めくくるにふさわしい一戦となりました。

 

第1シードのジョコビッチはここまで6戦のうち、

3戦が相手の途中棄権による勝利と省エネのテニス。

 

このところ格下に負けるケースもあり調子も万全ではないようですが、

しっかりと結果を出してくるあたりはさすがです。

 

第3シードのワウリンカも今季は波が激しい成績でしたが、

底力を発揮してファイナルに進出。

 

準々決勝でデルポトロ、準決勝で錦織圭と勢いのある選手を

ねじ伏せてきましたから、初の全米制覇も見えてきました。

 

全米オープンテニス2016決勝ジョコvsワウリンカ試合時間&結果

 

スポンサードリンク

 

【全米オープンテニス2016】

 

(決勝)

①N・ジョコビッチ(1位) 1-3 ③S・ワウリンカ(3位)

(7-6(1)、4-6、5-7、3-6)

 

9/12日(月) AM5時試合開始予定 ※速報はありません

 

決勝は日本時間でAM5時よりも前にはじまらない設定です。

 

当日の第2試合に組まれ、第1試合の女子ダブルスの決勝戦とは

4時間の間隔があので、予定時間に開始される可能性は高いです。

 

(テレビ放送)

WOWOW 9/12(月)AM4時45分~(生中継)

 

WOWOWの詳細はこちら

 

ジョコvsワウリンカ対戦成績等の詳細

 

スポンサードリンク

 

決勝戦で戦いジョコビッチとワウリンカのこれまでの対戦成績は、

ジョコビッチが19勝4敗と大きく勝ち越しています。

 

今季の対戦は初めてになりますが、昨年はジョコビッチの3勝1敗で、

唯一の敗戦はクレーの全仏オープンです。

 

ハードコートの対戦に限ればジョコビッチの11勝2敗で、

ワウリンカは優勝した2014年の全豪オープンから4連敗中です。

 

数字上はやはりジョコビッチが圧倒的に有利と言わざるを得ません。

 

ただし今年のジョコビッチは昨年の圧倒的な強さもやや影を潜め、

格下相手の取りこぼしも目立ちます。

 

リオ五輪のデルポトロ(当時141位)、ウインブルドンのクエリー(同41位)、

モンテカルロのベセリ(同55位)、ドバイのロペス(同24位)と

昨季までなら負けそうもない相手に負けています。

(デルポルトは別格ですが)

 

このあたりにワウリンカも付け入る隙がありそうです。

 

とは言え、今季は成績が不安定なワウリンカも最近はディミトロフ

(当時34位)やデルポルト(同165位)、ベルダスコ(同53位)

あたりに負けていますが…

 

いずれにしてもジョコビッチにしろ、ワウリンカにしろ

この大会の準決勝のプレーはよかったので熱戦が期待できそうです。

 

今年最後のグランドスラム決勝に注目です!

 

送料無料はamazon

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ