錦織圭シティオープン2015復帰戦の対戦相手は強敵ばかり!

ウインブルドンで負傷棄権した錦織圭選手の復帰戦となるシティオープン2015が、

8月3日(月)よりはじまります。

 

錦織圭

 

ATP500シリーズのカテゴリーのシティオープン。

ジョコビッチやフェデラーこそ参戦はしませんが、BIG4の一角A・マレーが参戦します。

 

マレーは昨年のツアーファイナルで、錦織選手は初白星を挙げましたが、

それまで全敗だった苦手とされる相手。

 

しかし、錦織選手としてはBIG4に割って入るためには、

マレーは乗り越えなくてはならない壁です。

 

この先には全米オープンも視野に入っているだけあって、シティオープンでは

決勝でマレーとの頂上決戦といきたいものです。

 

ところが、今年のシティオープンに登録している選手はマレー以外にも、

錦織選手が苦手とする選手が多いのです

 

シティオープンで錦織選手との対戦が予想される主な選手の対戦成績をご紹介していきます。

 

シティオープンの主な出場選手と錦織選手の対戦成績

【主な出場選手】

スポンサードリンク

アンディ・マレー(イギリス・3位)
錦織圭(日本・5位)
マリン・チリッチ(クロアチア・9位)
リシャール・ガスケ(フランス・13位)
ケビン・アンダーソン(南アフリカ・15位)
グレゴリー・ディミトロフ(ブルガリア・16位)
ジョン・イズナー(アメリカ・18位)
フェリシアーノ・ロペス(スペイン・19位)
ビクトル・トロイツキ(ロシア・20位)
イボ・カルロビッチ(クロアチア・23位)
バーナード・トミッチ(オーストラリア・29位)

※カッコ内は7/27現在の世界ランク

これらの選手と錦織選手との対戦成績は、次のようになります。

A・マレー  1勝4敗
M・チリッチ 5勝3敗
R・ガスケ  0勝5敗
K・アンダーソン 2勝0敗

G・ディミトロフ 2勝0敗
J・イズナー 0勝1敗
F・ロペス  3勝3敗
V・トロイツキ 3勝1敗
I・カルロビッチ 1勝2敗
B・トミッチ  2勝0敗
※対戦成績は錦織圭選手からみて

 

マレーはともかくとして、「天敵」ガスケには錦織選手は5戦全敗です。

 

対戦成績が0勝1敗のイズナーには、今年のマイアミで敗れていますし、

五分のロペスにも今年はインディアンウェルズで完敗しています。

 

ビッグサーバーのカルロビッチにも、対戦成績は1勝2敗。

「敵はマレーだけ」なんて思うと、足をすくわれそうな相手はけっこういます。

 

しかし、これらは上位シードが予想される選手たち。それ以外の選手にも、

錦織選手にとって「強敵」と思われる選手はいます。

J・ソック 1勝1敗
Y・ティプサレビッチ 0勝5敗
S・クエリー 3勝3敗
M・バグダディス 1勝4敗
T・スミチェック 1勝1敗
L・ヒューイット 0勝2敗

元世界ランク8位のティプサレビッチには対戦成績が何と5戦全敗ですが、

これはすべて2011年までの対戦なので、あまり参考になりません。

 

しかし、対戦成績が1勝4敗のバグダディスには一昨年のシティオープンで、

錦織選手はストレート負けを喫しています。

 

また対戦成績0勝2敗の元世界王者のヒューイットには、

昨年のオーストラリア屋外で敗戦しているので気になります。

 

こうしてみると今年のシティオープンには、錦織選手の相性の悪い難敵が揃いましたね。

 

故障した左足ふくらはぎの状態も気になるところですが、

復帰戦のシティオープンは錦織選手としては気の抜けないメンバー構成です。

 

何とか決勝まで進出して、マレーとの頂上決戦といきたいものですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ