デビスカップ2015コロンビアとの入替戦|錦織圭出場も厳しい!

 

9月18日(金)よりデビスカップ2015ワールドグループ・プレーオフ(入替戦)

がはじまります。WGの残留をかける日本は、エースの錦織圭選手を投入することが決まりました。

 

しかしこのコロンビアとの入替戦ですが、世界のTOPランカーの錦織選手を投入しても、

厳しい戦いが予想されます

 

錦織圭1

 

2014年の1回戦カナダ戦では、錦織選手がシングルス2勝を挙げ、

内山靖崇選手と組んだダブルスでも勝利して3-2で辛勝し、準々決勝に進出しました。

 

今年の2月におこなわれた1回戦のカナダ戦では、錦織選手がラオニッチなどを破って

シングルス2勝を挙げました。

 

しかし、添田豪、伊藤竜馬、内山靖崇で臨んだ他の試合では1セットも取れず2-3で敗退し、

入れ替え戦に回りました。(錦織選手はダブルスには出場せず)

 

とにかく日本チームは「錦織頼み」から脱却することができていません

この大会でもかなりの苦戦が予想されます。

 

コロンビア戦のメンバーや対戦予想

 

スポンサードリンク

 

まずは日本代表とコロンビア代表のメンバーは、次のとおりです。

 

【日本代表】

錦織圭(4位)

ダニエル太郎(110位)

西岡良仁(128位)

内山靖崇(ダブルス198位)

 

【コロンビア代表】

ヒラルド(58位)

ゴンザレス(119位)

ファラ(ダブルス27位)

カバル(ダブルス28位)

※世界ランクは9/10日現在

 

※追記

コロンビアはゴンザレスが故障のため、ファリャ(123位)にメンバー変更しました

 

まずは日本代表ですが、2月のカナダ戦のメンバーから添田選手と伊藤選手が抜け、

伸び盛りのダニエル選手と西岡選手に入れ替えてきました。

 

一方のコロンビアは、シングルス要員2人、ダブルス要員2人というわかりやすい布陣。

ダブルスの1試合は確実に獲るというメンバー構成です

 

対戦の組合せですが、次のようになります。

 

スポンサードリンク

 

(シングルス)

錦織 - ゴンザレス

ダニエルor西岡 - ヒラルド

錦織 - ヒラルド

ダニエルor西岡 - ゴンザレス

 

(ダブルス)

ダニエルor西岡、内山組 - ファラ、カバル組

 

まずダブルスですが、今回も錦織選手の参戦はないでしょう。ただでさえ錦織選手は

このところ故障がちですから、ここで無理をすることはまずありません。

 

また仮に錦織選手がダブルスに出場したとしても、コロンビアのペアに勝てるかどうかは微妙です。

 

コロンビアのファラとカバルは、ダブルスで世界ランク30位内の中堅クラスのペア。

正直なところ、日本はダブルス1試合は落とす可能性が高いです

 

次にシングルスですが、錦織選手の2勝は確定的です

コロンビアのエース格のヒラルドも世界ランクの最高位が28位の強豪ですが、

錦織選手との対戦成績は1勝6敗

 

錦織選手の棄権を除けば、ヒラルドはもう3年以上も錦織選手に勝っていません。

 

一方でヒラルドのもう一戦は、ダニエル選手か西岡選手でしょうが、

ヒラルドの勝利の可能性が高いですね。

 

ヒラルドは故障の影響で世界ランクを60位近くまで下げていますが、

もともと30位くらいまでのポテンシャルのあるプレーヤーです。

 

ダニエル選手も西岡選手もこのところ世界ランクを上げてきたとは言え、

まだヒラルドとは実力差が大きいですね。

 

とすれば、日本とコロンビアの一戦に決着をつけるのは、

シングルスの二番手対決となりそうです

 

コロンビアの2番手はゴンザレスで確定ですが、日本はダニエル選手か西岡選手のどちらか。

 

全米オープンで初勝利を挙げた西岡選手の勢いも魅力ですが、

クレーコートに強いダニエル選手を起用するようにも思われます。

 

ダニエル選手と西岡選手は、いずれもゴンザレスとは初対戦となりますが、

完全アウェーの中、タフな試合になることは予想されます。

 

日本がワールドグループに残留するためには、錦織選手以外の選手が1勝することが必須です

 

そのためにも、ダニエル選手あるいは西岡選手にその命運がかかってきます。

両選手には何とかしてほしいものです

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ