シンシナティマスターズ2016ドロー発表!錦織圭は第5シードでまずまず!

 

錦織圭選手も参戦するシンシナティマスターズ(ウエスタン&サザンオープン)の

ドロー・トーナメント表が発表になりました。(本戦は15日開幕)

 

※最新情報

錦織圭、ワウリンカ、ナダル、ツォンガ3回戦敗退
シンシナティマスターズ2016錦織圭の3回戦の相手&テレビ放送

 

第5シードとなった錦織圭選手ですが、まずまずのドローとなりました。

 

リオオリンピックから間もない開催となりますので、注目です!!

 

錦織1

 

シンシナティマスターズ2016ドロー発表!錦織圭は第5シードでまずまず!

 

スポンサードリンク

 

【シンシナティマスターズ2016】

 

シンシナティ9

 

シンシナティ8

※ジョコビッチ、フェデラーは欠場

 

(準決勝)

①A・マレー(2位) 2-0 ④M・ラオニッチ(6位)

(6-3、6-3)

 

⑫M・チリッチ(14位) 2-1 G・ディミトロフ(34位)

(4-6、6-3、7-5)

 

(決勝)

⑫M・チリッチ(14位) 2-0 ②A・マレー(2位)

(6-4、7-5)

 

今年のシンシナティマスターズのドローは、錦織選手にとっては

まずまず恵まれたものとなりました。

 

錦織選手は2回戦からの登場となり、初戦は世界ランク56位の

フリッツと予選通過者の勝者。

 

このところフリッツは急成長しているので多少の注意は必要ですが、

基本的に相性のいい選手です。

 

3回戦は世界ランク20位のトミッチと同13位のゴフィン

あたりが有力です。

 

スポンサードリンク

 

トミッチには今年のブリスベンで敗れており、ゴフィンもここにきて

急激に地力をつけてきたので、どちらも簡単な相手ではありません。

 

しかし、他ブロックの同じようなポジションのガスケやイスナー、

キリオス、モンフィスあたりよりはやりやすい相手でしょう。

 

準々決勝は第1シードのマレーの可能性が高いですが、

このあたりは第5シードなのでやむを得ないところ。

 

できれば第2シードのワウリンカあたりのブロックがよかったのですが、

しょうがないですね。

 

オリンピック期間中に発表された最新世界ランクでラオニッチに抜かれて、

7位に転落したのが痛かったです。

 

錦織選手の目標でもあるマスターズ1000シリーズの初制覇のためには、

倒さなければならない相手です。

 

そしてもしマレーに勝利すれば、準決勝はラオニッチやティエムあたりですから、

一気に決勝進出の望みも生まれてくるでしょう。

 

第1シードのマレーと同居は厳しいですが、そこまでは何とか

勝ち上がれそうなので、その意味ではまずまずだと思われます。

(ドローサイズの小さい1000大会なので、どこに入っても厳しいですが)

 

リオオリンピックに引き続いての大会なので、選手たちには

過密スケジュールとなりますが、錦織選手には頑張ってほしいものです。

 

健闘を期待しましょう!!

 

送料無料はamazon

 

スポンサードリンク

 

2 Responses to “シンシナティマスターズ2016ドロー発表!錦織圭は第5シードでまずまず!”

  1. 鵜沼 崇郎 より:

    ドローの文字が不鮮明でほとんど読めません。

    • rekidora より:

      鵜沼 崇郎様

      ご連絡ありがとうございました。

      モバイルとPCでともにチェックしましたが、
      一応、問題なく読めるようです。

      原因は不明ですが、ご了承くださいませ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ