リオオリンピックテニス錦織圭準決勝マレー戦のNHKのテレビ放送

 

リオオリンピックテニス第4シードの錦織圭選手は準々決勝に登場し、

激戦の末、第6シードのモンフィスを下し、準決勝に進出しました。

 

第1セットは両者譲らない痺れる展開で、錦織選手は2度の

セットポイントを逃した嫌な流れながらもタイブレイクを制して

第1セットを先取。

 

第2セットはサービスに苦しみモンフィスに取られると、

第3セットはモンフィスの流れながら何とかタイブレイクに持ち込みます。

 

タイブレイクでは0-4と敗色濃厚な状態から驚異的な粘りで勝利をものにしました!!

 

本当に凄まじい試合でした。錦織選手のメダルへの執念をひしひしと感じました!

 

激戦を制した錦織選手は悲願のメダルまで最初の関門を突破しました。

 

準々決勝の相手のモンフィスは対戦成績は錦織選手の2戦全勝ながら、

今年のマイアミでは崖っぷちまで追い詰められたこともあり心配でしたが、

期待に応えてくれました。

 

いよいよ次戦は試練の準決勝(ベスト4)で、勝てばメダルが確定します!!

 

錦織12

 

リオオリンピックテニス錦織圭準決勝相手とNHKのテレビ放送

 

スポンサードリンク

 

【リオオリンピックテニス】

 

(準決勝)

④錦織圭(7位) 0-2 ②A・マレー(2位)

(1-6、4-6)

第2セットは錦織のサービスから

 

2S5Gマレーブレイク

マレーのファーストが冴えまくりです

1S6Gマレーブレイク

1S4Gマレーブレイク

 

8/14日(日) AM0時試合開始予定

※どうやら時間通りはじまりそうです

 

錦織選手の準決勝の試合は当日の第1試合に組まれました。

そのため降雨以外での遅延の可能性は低いです

 

(テレビ放送)

NHK:総合 13日 PM23時55分~(生中継)

 

錦織圭の準決勝のマレー戦の詳細

 

スポンサードリンク

 

錦織選手の準決勝の対戦相手は第2シードのマレー(2位)です。

 

錦織選手とマレーの対戦成績は7戦して錦織選手の1勝6敗です。

 

(錦織対マレーの対戦成績)※錦織選手から見て

2016デビスC 2-3(5-7、6-7(6)、6-3、6-4、3-6)

2015ロジャー 0-2(3-6、0-6)

2015マドリ― 0-2(3-6、4-6)

2014ツアーF 2-0(6-4、6-4)

2013ブリスベ 0-2(4-6、0-2棄権)

2012全豪OP 0-3(3-6、3-6、1-6)

2011上海M  0-2(3-6、0-6)

 

錦織選手が唯一マレーに勝利したのは、2014年のツアーファイナル。

 

その後は3連敗中ですが、今年のデビスカップはフルセットまでもつれる

激戦でした。

 

しかも内容的にも互角の戦いで、敗戦はここという場面で出てしまった

ミスによるもの。

 

怪我から復帰後の今の錦織選手の調子なら、

それ以上の戦いができるかもしれません。

 

またマレーはこのオリンピックで全種目に出場するという過密スケジュール。

 

当初はシングルスとダブルスの2種目のみでしたが、

欠場者が出た混合ダブルスにも急きょ出場。

 

そのせいか3回戦のフォニーニ戦ではらしくないプレーも連発して、

1セットを落としています。

 

このあたりにも錦織選手が十分に付け入る隙もありそうで、

熱戦も期待されます。

 

試合のポイントとしてはマレーの鉄壁とも言える守備を、

錦織選手がどこまで崩せるかにかかってきそうです。

 

錦織選手の健闘を期待しましょう!!

 

送料無料はamazon

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ