リオオリンピックテニス錦織圭2回戦の試合の相手とNHKの放送

 

リオオリンピックテニスは初戦となる1回戦に第4シードの

錦織圭選手が登場し、世界ランク33位のラモスビノラス

ストレート(6-4、6-2)で下し2回戦に駒を進めました。

 

※最新情報
リオオリンピックテニス錦織圭準々決勝の相手とNHKの放送

リオオリンピックテニス錦織圭3回戦マルティン戦NHKのテレビ放送

第1シードのジョコビッチが初戦でデルポルトにストレート負けです!

(6-7(4)、6-7(2))錦織選手のメダルがまた近づきました!

 

脇腹の故障も懸念された錦織選手でしたが、ロジャーズカップ終盤戦同様、

それを感じさせない動きの良さでした。

 

そうなるとラモスビノラスとは地力の差が明らかで、

第1セットは終始主導権を握り続けました。

 

第2セットは拮抗した展開でしたが、要所を締めた錦織選手が連取して

ストレートの快勝でした。

 

いよいよオリンピックでの初メダルも射程圏内に入ってきました!

 

それにしてもNHKの放送には参りましたね。LIVEという名の録画放送でした…

 

1月30日、男子テニスの最新世界ランクで、先の全豪オープンでベスト8入りを果たした錦織圭は、前回の26位から20位に上がり、日本男子最高位を更新した。メルボルンで25日撮影(2012年 ロイター/Vivek Prakash)

 

リオオリンピックテニス錦織圭2回戦の試合の相手とNHKの放送

 

スポンサードリンク

 

【リオオリンピックテニス】

 

(2回戦)

④錦織圭(6位) 2-0  J・ミルマン(75位)

(7-6(4)6-4)

第2セットは錦織のサービスから

 

※速報

第2セット第10ゲームで錦織ブレイクで勝利!

第2セット第8ゲーム錦織ブレイクバック!

第2セット第5ゲームミルマンがブレイク

タイブレイク錦織7-4ミルマン(0-4から7ポイント連取!)

第1セット第9ゲーム錦織ブレイクバック!

今日のミルマンはスーパーショットを連発し手ごわいです(かなり飛ばしていますが)

第1セット第3ゲームミルマンがブレイク

ミルマンも世界ランク以上のパフォーマンスを見せています

今日の錦織の動きもいいです。200km超えのサービスも出ました!

 

9日(火) AM9時くらい試合開始予定

 

錦織選手の2回戦は8日開始の第5試合(開催は9日)に組まれました

 

当日の最終試合で遅延の可能性もあります。

 

※追記

現在前の試合セリーナ2-0(7-5、6-0)コンテ終了しました。

間もなく試合開始です(AM8時45分)

 

なお第4試合が日本時間でAM6時45分より前倒しにならない設定になったので、

大幅な試合の前倒しはなさそうです。

 

当日は試合の進行状況にご注意ください。

 

(テレビ放送)

NHK:BS1 AM8時30分ころ~(生中継)

 

NHKは2回戦の試合も生中継するでしょう。

 

1回戦の試合も当初はネット中継のみの予定でしたが、

急きょ生放送に切り替えた経緯もあります。

 

ただし、時差放送の可能性もありますが…

 

当日の試合時間やNHKの放送スケジュールはわかり次第追記しておきます。

 

錦織圭の2回戦の相手の詳細

 

スポンサードリンク

 

錦織圭選手の2回戦の相手は世界ランク71位のベランキス

同75位のミルマンの勝者です。

 

※追記

錦織圭選手の2回戦の相手はミルマンです

 

26歳のベランキスはジワジワと世界ランクを上げてきた選手で、

キャリアハイは50位。

 

175cm、74kgと決して体格には恵まれておらず、

強烈なサービスもなくストローク力で勝負する選手。

 

上位選手にもさほど強くなく、先月のウインブルドンでは

街のテニスの先生をやっていた世界ランク772位(当時)のウィリスに

ストレート負けして奇跡をアシストしてしまった選手です。

 

錦織選手との対戦は1度のみで、2012年のアトランタで錦織選手が

2-1で勝利しています。

 

このようなタイプは錦織選手は得意ですから、その優位は揺るがないでしょう。

 

一方のミルマンは堅実なテニスが特徴な27歳のプレーヤー。

 

ミルマン

 

身長は183cmありますが、それほど脅威となるファーストはありません。

 

キャリアハイ世界ランクは60位ですが、今季は好調でウインブルドンでは

ペールを倒して3回戦まで進出していますし、メルセデスカップでは

プイユを破っています。

 

錦織選手とは今回が初対戦となりますが、こちらもストローカータイプなので

さほど苦手にはならないでしょう。

 

ベランキスよりも勢いがある分、多少の警戒は必要ですが、

初戦の相手だったラモスビノラスよりも楽な相手と言えるでしょう。

 

いずれにしても錦織選手の2回戦の相手もさほど脅威ではなく、

体力温存の意味を含めてストレートで片づけたいところです。

 

送料無料はamazon

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ