リオオリンピックテニスドロートーナメント表発表!錦織圭はラッキー!

 

リオオリンピックテニスはドロー・トーナメント表が発表され、

第4シードの錦織圭選手にとってラッキーなドローとなりました。

※最新情報

決勝はマレーvsデルポルトとなりました
リオオリンピックテニス錦織圭3位決定戦の相手とNHKの放送
リオオリンピックテニス錦織圭準決勝マレー戦のNHKのテレビ放送
リオオリンピックテニス錦織圭準々決勝の相手とNHKの放送
ダニエル太郎敗退
10~11日の試合はすべて降雨順延になりました
杉田祐一敗退。第7シードのフェレールが敗退
リオオリンピックテニス錦織圭3回戦マルティン戦NHKのテレビ放送

ダニエル太郎3回戦進出。第5シードのツォンガ敗北

第1シードのジョコビッチが敗れました!!
リオオリンピックテニス錦織圭2回戦の試合の相手とNHKの放送

リオオリンピックテニス錦織圭1回戦のNHKネット中継や対戦相手

 

錦織7

 

スポンサードリンク

 

【リオオリンピックテニス】

第1シードのジョコビッチが初戦で元世界ランク4位のデルポルトに、

0-2(6-7(4)、6-7(2))で敗れる大波乱です!!

 

リオえ

 

リオお

※準決勝

④錦織圭(7位) 0-2 ②A・マレー(2位)

(1-6、4-6)

③R・ナダル(5位) 1-2 J・デルポルト(141位)

(7-5、4-6、6-7(5)

※3位決定戦

④錦織圭(7位) 2-1 ③R・ナダル(5位)

(6-2、6-7(1)、6-3)

※決勝

②A・マレー(2位) 3-1 J・デルポルト(141位)

(7-5、4-6、6-2、7-5)

 

リオオリンピックテニスはTOP10選手が5名、

それ以下の上位選手も相次いで出場辞退となり、

 

ある程度予想はつきましたが錦織選手にとってラッキーなドロー

となりました。

 

気になる初戦は世界ランク33位のラモスビノラスとなりましたが、

2回戦は同71位のベランキスと同75位のミルマンの勝者。

 

3回戦では同23位のコールシュライバーが有力と

楽な相手。

 

ミルマンとは対戦はありませんが、それ以外の選手は対戦成績でも

錦織選手は優位に立っています。

 

スポンサードリンク

 

準々決勝こそ第6シードのモンフィスと第9シードのチリッチが有力ですが、

故障さえ再発しなければ何とかなる相手です。

 

準決勝は第2シードのマレーが濃厚ですが、第1シードのジョコビッチとは

決勝まで対戦がありません。

 

やはりガスケやイスナーなど世界ランク10位台の難敵が次々と欠場したのは大きく、

準々決勝まではよほどのことがない限り進出できそうです。

 

またワウリンカの欠場で準決勝まですべて格下が相手の

第4シードとなったのも好材料でした。

 

メダルを手にするには格上の相手を倒さねばならないですが、

それも不可能ではないでしょう。

 

錦織選手の五輪初の表彰台も期待しましょう!!

 

送料無料はamazon

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ