ウインブルドン2015ジョコビッチ準決勝進出!ベスト4組合せ対戦成績

 

全英オープンテニス(ウインブルドン)2015 準々決勝がおこなわれ

ジョコビッチらが準決勝(ベスト4)に進出しました。

 

ジョコビッチ

 

4回戦のアンダーソン戦で、まさかの2セットダウンから逆転したジョコビッチ。

全仏以降の調整方法にも疑問を呈する声も上がっていました。

 

しかし、準々決勝はこれまで12戦全勝と相性のいい第9シードチリッチが相手。

 

相性の良さもあり、要所を締めるテニスでチリッチをストレートで下して

準決勝に進出しました。

 

ベスト4が出そろって、準決勝がおこなわれるウインブルドン。

準決勝の組合せと対戦成績をご紹介していきます。

 

準決勝の組合せと対戦成績

 

【ウインブルドン2015】

 

(準決勝)

①N・ジョコビッチ - ㉑R・ガスケ

(10日21時試合開始予定)

 

【対戦成績や短評】

ジョコビッチ対ガスケのこれまでの対戦成績は、ジョコビッチの11勝1敗

しかも、ガスケの唯一の勝利は2007年の中国マスターズ。

 

その後はガスケの9連敗で、今年の全仏オープンでもストレート負けを喫しています。

 

準々決勝で全仏オープンの覇者ワウリンカを倒して勢いに乗るガスケですが、

これまでジョコビッチには手も足も出ません。

 

元世界ランク7位で、今年のウインブルドンの波乱の主役になったガスケですが、

快進撃もここまでのようです。

 

(準決勝)

②R・フェデラー - ③A・マレー

(11日0時試合開始予定)

 

【対戦成績や短評】

準決勝の第2試合は注目の一戦。第2シードのフェデラーと

第3シードのマレーの過去の対戦成績はフェデラーの12勝11敗とほぼ互角です。

 

ただし、昨年はこの両者は3回対戦して、すべてフェデラーが勝利しています。

特にツアーファイナルでは、フェデラーが6-0、6-1で圧勝しました。

 

しかし、昨年のマレーは故障明けで調子が上がらずに、

世界ランクも落としていました。

 

また、今年復活したマレーは好調で、今季はここまで44勝6敗

ツアー優勝3回を記録しています。

 

明らかに復調してきたマレーです。もともとフェデラーには強い選手として

知られていたことから、この一戦は互角の戦いになりそうです

 

注目のウインブルドン2015の準決勝ですが、WOWWOWやNHKの

テレビ放送は次のようになっています。

 

WOWWOW 10日(金) 20時50分から生中継

NHK総合 11日(土) 0時10分から

 

WOWWOWはいつものとおり生中継です。NHKは現時点では未定ですが、

恐らく第2試合の生中継と第1試合のダイジェストの録画放送となりそうです。

 

いよいよ大詰めとなってきたウインブルドン2015。

準決勝もハイレベルな争いが期待できそうですね。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ