ロジャーズカップ2016出場選手に欠場者続出!錦織圭は第3シード?

 

錦織圭選手が出場予定のロジャーズカップ2016に異変が起きています!

 

※最新情報
ロジャーズカップ2016錦織圭初戦2回戦相手やNHKの放送!要注意
ドローが発表され、錦織圭選手は第3シードになりました。
 

ロジャーズカップは下半期のハードコートのシーズンで、

マスターズ1000シリーズの開幕戦にあたる大会。

 

当然のごとく毎年有力選手が登場しますし、8月下旬の全米オープンに向けての

重要な大会です。

 

ところが今年はリオオリンピックが控えているせいか、

有力選手の欠場者が相次いでいます。

 

錦織圭選手は出場となれば、第3あるいは第4シードの可能性もあり、

マスターズ1000初制覇の道も大きく広がってきました!

 

錦織11

 

ロジャーズカップ2016出場選手に欠場者続出!錦織圭は第3シード?

 

スポンサードリンク

 

ロジャーズカップ2016の欠場を表明している有力選手は以下です。

(7/20日現在)

 

A・マレー(2位)

R・フェデラー(3位)

R・ナダル(4位)

D・フェレール(13位)

R・ガスケ(14位)

G・シモン(30位)

 

※世界ランクは7/18日付

 

欠場の理由はマレーとフェデラーが疲労のため、ナダルとフェレールは

故障回復のため、ガスケはウインブルドンでのケガのためです。

 

ケガでリオオリンピックの出場を辞退したガスケ以外は、

どう見てもオリンピックを見据えたローテーションのためでしょう。

 

さすがに8月はリオオリンピック、全米オープンとビッグイベントが続きますので、

ここでしっかりと休養をとることを選択したようです。

 

錦織圭選手も左脇腹の怪我の影響で出場できるかどうかは微妙ですが、

これはマスターズ1000初制覇の大きなチャンスと言えそうです。

 

BIG4のうち3名もが欠場しますし、苦手のガスケや毎回熱戦となる

フェレールもいません。

 

とすれば現時点での、ロジャーズカップに出場する有力選手は

次のようになります。

 

スポンサードリンク

 

1位 N・ジョコビッチ

5位 S・ワウリンカ

6位 錦織圭

7位 M・ラオニッチ

8位 T・ベルディハ

9位 D・ティエム

10位 J・ツォンガ

11位 D・ゴフィン

12位 M・チリッチ

15位 R・バウティスタアグ

16位 J・イスナー

17位 G・モンフィス

18位 N・キリオス

19位 B・トミッチ

20位 P・クエバス

 

マスターズ1000の大会に関わらず、今年のロジャーズカップは

ずいぶんと淋しいメンバーの予定です。

 

錦織圭選手は世界ランクの順番では3番目ですが、このところラオニッチの活躍が

著しいので、第3あるいは第4シードでの参戦となるでしょう。

 

世界ランク1位のジョコビッチは言うまでもなく難敵ですが、

第2シードが予想されるワウリンカはあまり調子が良くなく成績も不安定。

 

先のウインブルドンでも、2回戦でデルポルトにまさかの敗北を喫しています。

 

ウインブルドンで決勝に進出した地元のラオニッチは警戒が必要ですが、

第4シード以内なら準決勝まで対戦しません。

 

他にもティエムゴフィンなど勢いのある若手もいますが、

どうにかなる相手ですし、本来の実力なら錦織選手の方が上。

 

錦織選手の左脇腹の状態は心配ですが、順調に回復して出場となれば、

今年のロジャーズカップはかなりチャンスがあると言えるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ