ウインブルドン2016準々決勝ベスト8の組み合わせ&結果

 

ウインブルドン2016(全英オープンテニス)は4回戦がおこなわれ、

準々決勝に進出した選手たちが続々と決まっています(1試合サスペンデッド)

 

日本期待の第5シードの錦織圭選手でしたが、ゲリーウェバーオープンテニスで

痛めた左脇腹の状態が悪化。

 

4回戦のチリッチ戦はコートに立てる状態ではなく、

なすすべなく棄権負けを喫しました。

 

2年連続でケガが泣かされた錦織選手でしたが、故障箇所が完治しにくく、

クセになりやすいので心配です。

 

しっかり休養し治療に専念して、今季最後のグランドスラムの

全米オープンに向かってほしいところです。

 

ラオニッチ

 

ウインブルドン2016準々決勝ベスト8の組み合わせ&結果

 

スポンサードリンク

 

【ウインブルドン2016】

 

(準々決勝) ※試合はすべて7/6(水)です

S・クエリー(41位) 1-3 ⑥M・ラオニッチ(7位)

(4-6、5-7、7-5、4-6)

 

対戦成績:クエリー2勝1敗

 

〈見どころ〉

第1シードのジョコビッチを破って大波乱を巻き起こしたクエリーと

絶好調のラオニッチの一戦はビッグサーバー対決。

 

意外にもラオニッチはクエリーに負け越していますが、

両者の対決は一方的な展開になることが多く、

やはりファーストのデキが勝負を左右しそうです。

 

以前は上位にめっぽう弱かったラオニッチですが、ケガから復活した後は、

見違えるような試合内容となっています。

 

ジョコビッチが姿を消した今、もしかしたらもあるかもしれません。

 

③R・フェデラー(3位) 2-2 ⑨M・チリッチ(13位)

(6-7(4)、4-6、6-3、7-6(9)、6-3)

 

対戦成績:フェデラー5勝1敗

 

〈見どころ〉

ケガから復調したフェデラーと錦織圭を破ったチリッチの対決。

 

フェデラーはここまで1セットも落とさずに勝ち進んできましたが、

やや対戦相手に恵まれた感は否めません。

 

一方のチリッチは芝での実績を買われて、ベルディハやゴフィンよりも

上位のシード順になった期待に応える内容。

 

チリッチがフェデラーに勝ったのは優勝した2014年の全米OP以来ですが、

フェデラーにとってはこの一戦が今大会の試金石になるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

㉜L・プイユ(30位) 0-3 ⑩T・ベルディハ(9位)

(6-7(4)、3-6、2-6)

 

対戦成績:初対戦

 

〈見どころ〉

芝での実績がなかったフランス期待の若手プイユが激戦を制して

準々決勝に進出してきました。

 

一方のベルディハVSベセリ戦は、フルセットの末にサスペンデッドとなりました。

 

実績十分のベルディハに第8シードのティエムを撃破したベセリですから、

どちらが勝ち上がっても楽しみな一戦になりそうです。

※プイユの準々決勝の相手はベルディハとなりました

 

⑫J・ツォンガ(12位) 2-3 ②A・マレー(2位)

(6-7(10)、1-6、6-3、6-4、1-6)

 

対戦成績:ツォンガ2勝12敗

 

〈見どころ〉

ジョコビッチが消えて俄然色めき立つマレーとガスケの棄権で準々決勝に進出した

ツォンガとの一戦も好ゲームです。

 

対戦成績はマレーが大きく勝ち越していますが、最近はこの両者の対戦は

接戦となることも多く、あまり過去の成績はアテなりません

 

またツォンガは大物食いの一発もありますから、地元の期待を一身に背負う

マレーも要注意です。

 

準々決勝の組み合わせに錦織圭選手の名前がないのは残念ですが、

どの試合もかなりそそるメンバーです。

 

ここまでジョコビッチ、ワウリンカ、錦織圭、ティエムなどの上位シード選手が

姿を消した今年のウインブルドン。

 

やはりマレーやフェデラーなのか? それともさらなる波乱となるのか?

目が離せない展開ですね。

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ