ウインブルドン2016錦織圭の優勝オッズが暴落!出場選手や賞金

 

ウインブルドン2016(全英オープンテニス)は、いよいよ開幕が迫ってきました。

 

前哨戦のゲリーウェバーオープンを左脇腹の故障で2回戦棄権となった

錦織圭選手ですが、練習も再開してどうやら間に合うようです。

 

昨年と同じ第5シードとなった錦織選手ですが、昨年のこの大会は

2回戦で無念の棄権となりました。

 

今年も故障を抱えての出場でとても心配ですが、

何とか頑張って上位進出を目指してほしいものです。

 

錦織1

 

ウインブルドン2016賞金や出場選手

 

 

スポンサードリンク

 

【ウインブルドン2016(全英OP)】

 

6/27日(月)~7/10日(日)

 

(賞金)

優勝:2,000,000ポンド(約3億800万円)

準優勝:1,000,000ポンド(約1億5400万円)

ベスト4:500,000ポンド(約7700万円)

ベスト8:250,000ポンド(約3850万円)

4回戦:132,000ポンド(約2030万円)

3回戦:80,000ポンド(約1230万円)

 

(ポイント)

優勝:2000ポイント

準優勝:1200ポイント

ベスト4:720ポイント

ベスト8:360ポイント

4回戦:180ポイント

3回戦:90ポイント

 

(出場予定選手)

 

現在のところ世界ランク上位でウインブルドンを欠場予定なのは、

世界ランク5位のナダルのみです。

 

N・ジョコビッチ(1位)

A・マレー(2位)

R・フェデラー(3位)

S・ワウリンカ(4位)

錦織圭(6位)

M・ラオニッチ(7位)

D・ティエム(8位)

T・ベルディハ(9位)

R・ガスケ(10位)

D・ゴフィン(11位)

J・ツォンガ(12位)

M・チリッチ(13位)

D・フェレール(14位)

R・バウティスタアグ(15位)

G・モンフィス(16位)

J・イスナー(17位)

N・キリオス(18位)

B・トミッチ(19位)

J・シモン(20位)

 

その他の注目どころでは、ゲリーウェバーオープンで錦織選手に不戦勝して、

その後まさかの優勝を遂げたマイヤーや2009年の全米OPの覇者のデルポルト、

ダニエル太郎なども出場予定です。

 

 

錦織圭の優勝オッズが暴落!

 

 

スポンサードリンク

 

ウインブルドン2016のブックメーカー大手ウイリアムヒルズの

優勝オッズは次の通りです。

 

①   N・ジョコビッチ 1.73倍

②   A・マレー 4.00倍

③   R・フェデラー 10.00倍

④   M・ラオニッチ 13.00倍

⑤   S・ワウリンカ 15.00倍

⑥   D・ティエム 26.00倍

⑥   N・キリオス 26.00倍

⑥   錦織圭  26.00倍

⑨   G・ディミトロフ 41.00倍

 

錦織圭選手は6番手タイ評価で、優勝オッズは何と26倍です。

 

ナダルが欠場しているにも関わらずキリオスらと並ぶ6番手評価も低いですが、

錦織選手の優勝オッズが20倍台というのも久しぶりに見ました。

 

昨年はシード順と同じ5番手評価で、オッズも15倍くらいだったことを考えれば、

錦織株は暴落といっても過言でありません。

 

やはり前哨戦のゲリーウェバーオープンで負傷したことや何といっても

今シーズンのグラスコートでの試合が1試合のみというのが嫌われた理由でしょう。

 

本来ならばゲリーウェバーオープンでダブルスにも出場し、

その後はエキシビジョンにも出場予定でしたが、左脇腹の負傷で

大きくスケジュールが狂ってしまいました。

 

その他では、グラスコートをもっとも得意とするフェデラー

オッズ10倍台という案外な結果です。

 

こちらも今季は故障続きの上、ゲリーウェバーオープンで19歳の

ズべレフに敗れたことが影響しているようです。

 

またこのところ絶好調のラオニッチティエムの評価が

大きく上がってきたことも注目です。

 

錦織選手には下馬評の低評価を覆してもらい、世界をアッと言わせてもらいたい

ところです。

 

健闘を期待しましょう!!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ