ロジャーズカップ2015錦織圭は準決勝でマレーに勝てるのか?

 

ロジャーズカップ2015 準々決勝で第4シードの錦織圭選手が

第7シードのナダルを初めて破る快挙を成し遂げ準決勝(ベスト4)進出

 

錦織圭10

 

準決勝では第2シードのアンディ・マレーと対戦することが決まりました。

錦織選手はマレーに勝てるのでしょうか?

 

過去の対戦成績7戦全敗のナダルにストレート勝ちした錦織選手。

やはり錦織選手は更なる進化を遂げていました。

 

元世界ランク1位にナダルに自分のテニスをさせず、

終始試合の主導権を握っての勝利は強さを感じました。

 

しかし、準決勝の相手もナダルと同じBIG4のアンディ・マレーです。

 

錦織選手にとっては難敵ですが、マスターズ1000シリーズ初制覇に向けても、

越えなければならない関門です。

 

マレーの今季成績や錦織圭との対戦成績

 

スポンサードリンク

アンディ・マレー

 

マレー

 

1987年5月15日生(28歳)

190cm 84kg 右/両手

 

世界ランク:3位(最高位2位)

ツアー優勝:34勝(シングルス)

錦織圭との対戦成績:4勝1敗

 

今季成績:48勝8敗(ツアー3勝)

 

【マレーの各大会最終戦の成績】

 

大会名 カテゴリ サーフェス ラウンド 相手 世界ランク 結果 スコア
シティOP 500 ハード 2回戦 ガバシュビリ 53 1-2(4-6、6-4、6-7(4)
全英OP GS グラス 準決勝 フェデラー 2 0-3(5-7、5-7、4-6)
エイゴンC 500 グラス 決勝 アンダーソン 17 2-0(6-3、6-4)
全仏OP GS クレー 準決勝 ジョコビッチ 1 3-2(3-6、3-6、7-5、7-5、1-6)
イタリア国際 1000 クレー 3回戦 ゴフィン 20 棄権
マドリード 1000 クレー 決勝 ナダル 4 2-0(6-3、6-2)
BMWOP 250 クレー 決勝 コールシュライバー 26 2-1(7-6(4)、5-7、7-6(4)
マイアミ 1000 ハード 決勝 ジョコビッチ 1 1-2(6-7(3)、6-4、0-6)
インディアンウェルズ 1000 ハード 準決勝 ジョコビッチ 1 0-2(2-6、3-6)
ドバイ 500 ハード 準々決勝 コリッチ 84 0-2(1-6、3-6)
ABN 500 ハード 準々決勝 シモン 19 0-2(4-6、2-6)
全豪OP GS ハード 決勝 ジョコビッチ 1 1-3(6-7(5)、7-6(4)、3-6、0-6)

マレーは今季ツアー3勝をしていますが、敗戦も8敗のみ。

好調をキープしています。

 

今季の傾向は、苦手のジョコビッチフェデラーには勝てないものの、

他のTOP10選手には確実に勝ってきます。

 

上記の表にはないものの、マレーのジョコビッチとフェデラー以外の

TOP10選手との対戦成績は5勝0敗

 

勝った相手は、ベルディハが2回、錦織圭フェレールラオニッチといった錚々たるメンバー。

 

一方でかなりの格下に足元をすくわれるケースもあり、ガバシュビリ(世界ランク53位)、

コリッチ(同84位)、シモン(19位)に敗れています。

 

ちょっと掴みづらく不思議な傾向ですね。次いで錦織圭選手との対戦成績です。

 

マレーと錦織圭の対戦成績

 

スポンサードリンク

2015マドリード ●錦織0-2マレー○

2014ツアーF  ○錦織2-0マレー●

2013ブリスベン ●錦織0-2マレー○

2012全豪OP  ●錦織0-3マレー○

2011上海M   ●錦織0-2マレー○

 

錦織圭選手とマレーの対戦成績は錦織選手の1勝4敗。

錦織選手にとってみればマレーは苦手とする選手です。

 

今年のマドリードの準決勝でも対戦しましたが、

結果は錦織選手のストレート負けで完敗でした。

 

錦織選手にとってあまりいいデータはありませんが、

昨年の暮れに今回のサーフィスと同様のハードコートでの対戦となった

ツアー・ファイナルではマレーにストレート勝ちを収めています。

 

また、錦織選手がブレイクしたのは2014年からです。なので、

マレーに限らず2013年以前の対戦成績はあまりアテになりません。

 

とすればマレー戦は実質1勝1敗ですし、錦織選手はナダルを初めて破って

勢いづいているのは確か。(かなり強引ですが)

 

マレーは非常に高い壁ですが、マスターズ初制覇、グランドスラム初制覇を達成するためには

越えなくてはならない壁です。

 

一方的に破ったナダル戦を見る限り、今の錦織選手はマレーとも互角の戦いはできるでしょう。

 

打倒マレー、そして決勝では打倒ジョコビッチを目指して頑張ってほしいものです。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ