イタリア国際2016準決勝錦織圭VSジョコダイジェスト動画&全仏展望

 

イタリア国際2016(ローママスターズ) 準決勝で第6シードの錦織圭選手は

第1シードのN・ジョコビッチと対戦。

 

スポンサードリンク

 

あと一歩まで王者ジョコビッチを追い詰めましたが、1-2(6-2、4-6、6-7(5))で

惜敗しました。

 

しかし試合は両者が一歩も譲らない互角の展開で、素晴らしい内容でした。

 

まずはそちらをご覧ください。

 

【イタリア国際2016準決勝ダイジェスト】

 

この試合で錦織選手はジョコビッチに7連敗となってしまいましたが、

1年ぶりに1セットを取るなど、見応えのある内容。

 

このところの錦織選手のジョコビッチ戦の試合内容は見違えるほどよくなっていますから、

次の全仏オープンでも期待が持てそうです。

 

スポンサードリンク

 

錦織11

 

錦織圭全仏オープン2016の展望

 

錦織圭選手の全仏オープンの展望の前提として、ライバルとなり得るだろう選手たちの

近況をまとめてみました。※成績とランクは5/15日現在

 

N・ジョコビッチ(1位)

 

ジョコ

 

今季もここまで37勝2敗で、ツアー5勝を誇る王者ジョコビッチ。

 

しかし昨季とはローテンションを変更し、マドリードに出場するという

過密スケジュールからか、最近の試合内容は思わしくありません。

 

モンテカルロでは、初戦で世界ランク55位(当時)のベセリにまさかの敗戦。

 

イタリア国際(ローマ)でもベルッチ、ナダル、錦織戦と苦戦の連続で、

「らしくない」試合内容

 

それでも負けないのはさすがですが、絶対王者にも付け入る隙も出てきた様子です。

 

R・フェデラー(2位)

 

フェデラー

 

今季は故障に悩まされているフェデラー。

 

モンテカルロではツォンガに破れ、復帰戦となったイタリア国際でも

初戦でティエムに完敗するなど、精彩を欠いています。

 

34歳で現在のランクをキープしているのは素晴らしいですが、

全仏オープンでも苦戦を強いられそうです

 

A・マレー(3位)

 

マレー

 

今季はここまで21勝5敗でツアー未勝利。

 

昨年秋に待望の子どもが誕生したこともあり、今季はマスターズ大会、

グランドスラム、デビスカップのみの出場。

 

しかもパリバオープンでは世界ランク53位(当時)のデルボニス、

マイアミでは同28位のディミトロフにまさかの敗戦を喫しました。

 

ですがモンテカルロあたりから調子も上がってきて、ベルディハやナダルを撃破し、

イタリア国際でも決勝に進出しました。

 

S・ワウリンカ(4位)

 

ワウリンカ

 

ワウリンカは、このところ絶不調

 

今季は既にツアー2勝を挙げていますが、このところはゴフィン、クズネツォフ、

キリオス、モナコら格下に敗戦が続いています。

 

昨年の全仏オープンの覇者ですが、今季のクレーコートの成績も1勝2敗と

かなり不安を感じさせる内容です。

 

R・ナダル(5位)

 

ナダル

 

調子が上がってきたのが、世界ランク5位のナダル。

 

昨季は深刻な不振に陥りましたが、今季はここまで27勝8敗でツアーでも

2勝を挙げています。

 

ジョコビッチには勝つことができていませんが、モンテカルロではマレーを撃破し、

バルセロナでも錦織圭に完勝。

 

クレーの王者の全仏オープンでの完全復活も期待されます。

 

錦織圭(6位)

 

錦織戦の調子も上向いてきました。

 

今季は29勝9敗でツアー1勝ながらも、このところの試合内容のよさは目を引きます。

 

格下の選手相手にはたとえ追い込まれても驚異的な粘りで試合をものにしますし、

クレーシーズンのジョコビッチとの2戦も敗れはしましたが、内容は非常によかったです。

 

かつては勝つことはおろか、一方的にやられていたガスケにも、

今シーズンは2連勝。

 

全仏オープンでは恐らく第6シードで、ジョコビッチ、フェデラー、マレー、

ワウリンカ(もしくはナダル)のいずれかのブロックに入るでしょう。

 

初のグランドスラム制覇を目指す錦織選手としては、やはり本調子ではない

フェデラーか不振が目立つワウリンカのブロックに入れば有利でしょう。

 

そうでなくてもイタリア国際の準決勝のジョコビッチ戦の内容に鑑みれば、

誰のブロックに入ってもかなりの善戦が期待できます。

 

このところ初戦でかなりの苦戦を強いられていることは不安ですが、

長丁場のグランドスラムでゲームマネジメントもしっかりとできれば

上位進出も可能なはず。

 

昨年の全仏オープンでは準々決勝に惜敗しただけに、今年はそれ以上の成績と

グランドスラム初制覇の偉業を期待しましょう!!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ