ムチュアマドリードオープン2016決勝ジョコビッチ対マレーNHKの放送

 

ムチュアマドリードオープン2016 決勝は第1シードのジョコビッチ

第2シードのマレーの頂上決戦となりました。

 

ジョコビッチの準決勝錦織圭戦は見応えのある試合でした。

 

特に第2セットはジョコビッチに4度もマッチポイントを握られながらも

それを凌ぎ、タイブレイクまで持ち込んだ錦織選手の粘りは次につながる内容。

 

敗れはしましたが、錦織選手の対ジョコビッチ戦の内容は徐々に

内容がよくなっており、次戦のローママスターズでも期待が持てるでしょう。

 

一方のマレーも準決勝は第5シードのナダル相手に、決定機に決めさせない

貫録の内容。

 

ナダルもこのところ復調が著しいですが、一方的な内容で退けました。

 

ジョコ

 

ムチュアマドリードオープン2016決勝ジョコ対マレーNHKの放送&時間

 

スポンサードリンク

 

【マドリードオープン2016】

 

(決勝)

①N・ジョコビッチ(1位) 2-1 ②A・マレー(2位)

(6-2、3-6、6-3)

 

5/9日(月) AM1時30分試合開始予定

 

(テレビ放送)

スカパーGAORA:5/9 AM1時28分~(生中継)

NHK:総合 5/9 AM1時25分~(生中継)

BS1 5/9 AM9時~(録画)

 

ジョコビッチ対マレーの対戦成績等の詳細

 

スポンサードリンク

 

ジョコビッチ対マレーの対戦成績は、ジョコビッチの22勝9敗

 

2015年以降に限ってもジョコビッチの7勝1敗で、

マレーが勝ったのは昨年のロジャーズカップの決勝のみ。

 

それまではマレーはジョコビッチに8連敗を喫しており、

その後も現在まで3連敗中です。

 

さらにクレーではジョコビッチの3戦全勝と、データ的には

マレーにまったくといっていいほど分がありません。

 

ジョコビッチは4月のモンテカルロの初戦でベセリにまさかの敗退を

喫しましたが、マドリードでは準決勝の錦織戦で今大会はじめての

ブレイクを許すといった完ぺきな内容。

 

昨年もその強さは際立っていましたが、今年もここまで32勝2敗と

まさに「1強」の様相です。

 

一方のマレーはどうもここまで波に乗れていません。

 

今季初戦となった全豪では貫録で決勝に進出したものの、

今季のツアー優勝は未だ0。

 

パリバオープンでは世界ランク53位(当時)のデルボニスに、

マイアミでは同28位のディミトロフにまさかの敗北を喫しています。

 

昨年秋に子どもが誕生したばかりなので、今年はここまでグランドスラムと

マスターズ大会のみの出場となっていますが、どうもピリッとしない内容が

続いています。

 

ただし、今大会の準決勝のナダル戦は圧巻の内容だったので、

王者ジョコビッチにどこまで食い下がれるかも楽しみなところ。

 

下馬評では圧倒的にジョコビッチが優位ですが、

頂上決戦らしい熱い戦いに期待しましょう!!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ