錦織圭のマイアミオープン2016後の最新世界ランキングを算出した!

 

マイアミオープン2016で初の決勝に進出した第6シードの錦織圭選手。

 

決勝の対戦相手は世界ランク1位のN・ジョコビッチですが、

勝てば錦織選手自身初のマスターズ1000シリーズの優勝となります。

 

四大大会の制覇の前に、まずはマスターズ1000シリーズを勝ちたいと

語っていた錦織選手ですが、早くも王手がかかりました。

 

ところでマイアミオープン2016後の錦織選手の世界ランキングは、

何位となるのでしょうか?

 

勝って優勝した場合と負けて準優勝の場合に分けて試算してみました。

 

錦織圭8

 

錦織圭のマイアミオープン2016後の最新世界ランキングを算出した!

 

スポンサードリンク

 

まずは最新の世界ランキングと各選手の保有ポイント数です。

 

1位N・ジョコビッチ 16,540

2位A・マレー     8,370

3位R・フェデラー   7,695

4位S・ワウリンカ   6,405

5位R・ナダル     4,990

6位錦織圭       4,070

7位T・ベルディハ   3,810

8位D・フェレール   3,505

 

そしてマスターズ1000シリーズの加算ポイントです。

 

優勝:1000ポイント

準優勝:600ポイント

ベスト4:360ポイント

ベスト8:180ポイント

4回戦:90ポイント

3回戦:45ポイント

2回戦:25ポイント(初戦免除の場合は10ポイント)

 

そして昨年の同大会での獲得ポイントが消失しますので、まずはその計算です。

 

ジョコビッチ:16,560-1,000(優勝)=15,560

マレー:8,370-600(準優勝)=7,770

フェデラー:7,690-0(欠場)=7,690

ワウリンカ:6,405-45(3回戦)=6,360

ナダル:4,990-45(3回戦)=4,945

錦織:4,070-180(ベスト8)=3,890

ベルディハ:3,810-360(ベスト4)=3,450

フェレール:3,505-180(ベスト8)=3,325

 

上記のポイント数が大会前のポイントとなります。

これに今大会の成績に従ってポイントを加算していけば、

最新の世界ランクが算出できます。

 

スポンサードリンク

 

ジョコビッチ:15,560+(1000or600)=16,560or16,160

マレー:7,770+45(3回戦)=7,815

フェデラー:7,690+0(欠場)=7,690

ワウリンカ:6,360+10(2回戦、初戦免除)=6,370

ナダル:4,945+10(2回戦、初戦免除)=4,955

錦織:3,890+(1000or600)=4,890or4,490

ベルディハ:3,450+180(ベスト8)=3,630

フェレール:3,325+45(3回戦)=3,370

 

上記のうち勝ち残っているジョコビッチと錦織選手以外の選手のポイントは

確定です。

 

錦織選手がマイアミオープンで優勝した場合には4890ポイント、

準優勝の場合には4490ポイントになりますが、いずれにしても

世界ランク5位のナダルには届きません

 

つまり今大会で錦織選手は優勝でも準優勝でも、最新の世界ランキングは

第6位で変わらずということになります。

 

また1位から8位までの選手間の順位の変動もないことがわかります。

 

しかし、この大会では少なくとも600ポイントの大量ポイントを獲得しますから、

年間レースでは大きく、年末のツアーファイナル出場へ向けては好材料となりました。

 

さらには一時は拮抗していた7位のベルディハと8位のフェレールを、

ポイント数で引き離したのも大きいですね。

 

今大会の大活躍で錦織選手の世界ランクに変動がないのは残念ですが、

優勝すれば次のバルセロナオープンの結果次第では、

再び世界ランク5位に浮上する可能性も出てきます。

(但し、昨年優勝の錦織選手は500Pが消失するので可能性は低いです)

 

いずれにしても、錦織選手のクレーシーズンでの活躍に注目です。

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ