錦織圭デビスカップ2016WOWWOWのテレビ放送とネット中継の視聴方法

 

テニスの国別対抗戦のデビスカップ2016がいよいよ開幕します。

 

前回大会では日本は初戦のカナダ戦に敗れましたが、秋の入れ替え戦で

コロンビアに辛勝し、何とかワールドグループに残留しました。

 

エースの錦織圭選手以下、今年こそはと意気込む今大会ですが、

初戦の相手は昨年の覇者で第1シードのイギリスという厳しいドローとなりました。

 

しかし錦織選手は体力次第ではダブルの出場も示唆するなど、

日本チームは何が何でもイギリスに食らいつていく意気込みです。

 

そんな注目のデビスカップ2016の日程やWOWWOWのテレビ放送、

そしてネット中継の視聴方法をご紹介していきます。

 

錦織12

 

デビスカップ2016 日程やWOWWOWのテレビ放送

 

スポンサードリンク

 

【デビスカップ2016】

 

(1回戦)

①イギリス - 日本

3/4(金)

ダニエル太郎 - A・マレー

(22時50分試合開始予定)

錦織圭 - D・エバンズ

(24時試合開始予定)

 

3/5(土)

西岡良仁・内山靖崇組 - D・イングロット・J・マレー組

(23時試合開始予定)

 

3/6(日)

錦織圭 - A・マレー

(22時試合開始予定)

ダニエル太郎 - D・エバンズ

(24時試合開始予定)

 

(イギリスメンバー)

A・マレー(2位)

K・エドモンド(83位)
※故障によりエバンス(157位)が代役として出場します

J・マレー(ダブルス2位)

D・イングロット(ダブルス28位)

 

(日本メンバー)

錦織圭(6位)

ダニエル太郎(87位)

西岡良仁(124位)

内山靖崇(238位)

 

日本チームは昨秋のコロンビア戦を制したメンバーで来ました。

 

対するイギリスはダブルス要員を2人も登録する余裕のメンバー構成。

 

日本がイギリスに勝利するには錦織選手が2勝、その他で1勝が必須条件になります。

 

※追記

エドモンドの欠場により、日本は錦織選手がマレーに勝利できれば

勝ち上がれるチャンスが巡ってきました!

 

(WOWWOWのテレビ放送)

3/4(金) 21時55分~

3/5(土) 22時55分~

3/6(日) 21時55分~

 

試合はすべて生中継で試合終了まで放送

 

今年もデビスカップもWOWWOWのみの放送です。

地上波やBSでの中継はありませんので、WOWWOW非加入者は

ネット中継での視聴をおススメします。

 

デビスカップ2016 ネット中継の視聴方法

 

スポンサードリンク

 

メキシコオープン2016のネット中継は、

下記の2つのサイトで視聴することができます。

どちらも視聴は無料です。お金等は一切かからないので、ご安心ください。

 

※追記

その後、下記のふたつのチャンネルはツールをダウンロードをしなければ

視聴できなくなりました。

しかもダウンロードすると余計なものまでインストールされてしまうという報告

もあり、おススメできません。

他に優良な無料のネット中継が判明すれば、随時ご紹介します。

 

HAHASPORT COM

http://www.hahasport.com/c-4.html

※ページを開くと現在開催中のテニスツアー(下部大会も含む)

が表示されますので、 Davis Cup(Great Britain-Japan)

クリックすれば動画が見ることができます。

(リンクは試合直前まで表示されません)

 

開催地であるイギリスの国旗が目印になるでしょう。

また、最初は大きく広告が表示されることもありますが、

指定の時間を待って×をクリックすれば消えます。

 

試合途中でも広告が表示されますが、同様の手順で消えます。

広告は邪魔ですが、無料なので我慢しましょう。

 

なお、会員登録などをしなければ見ることができないというような表示

何かをインストールしなければならない表示が出る場合もありますが、

画面を拡大すれば普通に消えます。

 

※追記

ネット中継見れます。

ダウンロードしなければ不可の表示が出ますが、

適当にクリックして別タブを出して×

元に戻れば視聴することができます。

 

「fromHOT.com」

http://www.sportcategory.com/c-4.html

※こちらも上記と同様に、Davis Cup(Great Britain-Japan

を クリックすれば見ることができます。広告の消し方も、上記と同じです。

 

今年のデビスカップの日本チームは昨年以上に厳しい戦いを強いられますが、

錦織選手を中心に大番狂わせといきたいものです!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ