錦織圭メンフィスオープン2016準決勝ベスト4の組合せ&ドロー

 

2016年メンフィスオープン(全米国際インドア選手権)は、

準々決勝がおこなわれベスト4が出そろいました。

 

今年のメンフィスオープンは、ここまでシード選手が相次いで敗れるという波乱の連続。

 

第2シードのジョンソン、第3シードのヤング、第5シードのクドラ、

第6シードのグロスらが姿を消しています。

 

4連覇のかかる錦織圭選手には一層の追い風となっており、準決勝(ベスト4)で

対戦する第4シードのクエリー戦事実上の決勝戦となる様相も呈してきました。

 

メンフィスオープン2016準決勝の組合せ(ドロー)をご紹介します。

 

最新情報
メンフィスオープン2016錦織圭決勝フリッツは何者?試合時間&テレビ

 

錦織4

 

錦織圭メンフィスオープン2016準決勝ベスト4の組合せ&ドロー

 

スポンサードリンク

 

【メンフィスオープン2016】

 

メンフィス ベスト4

 

(準決勝)

R・ベランキス(102位) 1-2 T・フリッツ(145位)

(6-2、3-6、4-6)

 

【見どころ】

準決勝の第1試合は、世界ランク100位どうしのまさかの展開。

 

キャリアハイの世界ランクが67位の25歳のベランキスに、

18歳の新鋭のフリッツが挑みます。

 

どちらもツアー優勝の経験もない選手なので大番狂わせの展開です。

 

ベランキスは第8シードのジュムールと第3シードのヤングを撃破、

対するフリッツも第2シードのジョンソンを破って勢いに乗ります。

 

スポンサードリンク

 

(準決勝)

①錦織圭(7位) - ④S・クエリー(58位)

(3-6、6-3、6-3)

 

【見どころ】

錦織選手とクエリー戦ですが、事実上の決勝戦でしょう。

 

本大会でも第2シードのジョンソンや第3シードのヤングよりも、

クエリーのほうが気になりましたが、やはり順当に勝ち上がりました。

 

過去の対戦成績は錦織選手の4勝3敗で3連勝中ですが、

クエリーも元世界ランク16位の実力者

 

かつてはアメリカ期待の大型新人で注目されていましたが、

故障でここまで伸び悩んでいます。

 

しかし潜在能力の高さは間違いないですし、地元の声援もあることから

油断はできません。

 

とは言え、今季は悲願のグランドスラム初制覇もかかる錦織選手です。

 

その目標の大きさからすれば、このあたりでもたつくことはできません。

 

クエリーを下して、メンフィスオープン4連覇の偉業に王手といきたいものですね。

 

この一戦に勝利すれば、次戦は世界ランク100位以下が相手です。

 

18歳のフリッツはデータがない分不気味でしょうが、その実力差に鑑みれば、

恐らく錦織選手の相手にはならないでしょう。

 

まずはクエリー戦に確実に勝利して、今季のツアー初優勝を当確にして

ほしいところです!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ