錦織圭全豪オープンテニス2016ベスト16組合せ&トーナメント表結果

 

2016年全豪オープンテニスは4回戦(ベスト16)がはじまりました。

 

第7シードの錦織圭選手は、4回戦最初の試合で宿敵の第9シード・ツォンガと対戦し

ストレート完勝。

 

錦織選手は準々決勝に進出し、第1シードのジョコビッチと第14シードの

モンフィスの勝者と対戦することになります。

 

ここまでの全豪オープンテニスですが、今年は波乱があまりありません。

 

第5シードのナダルが初戦でベルダスコに敗れる大反乱はありましたが、

上位シードの選手は軒並み順当に勝ち進んでいます。

 

ナダル以外で姿を消した主なシード選手も、第11シードのロペス、

第12シードのチリッチ、第16シードのロペス、第17シードのペールなど

中位シードの選手たちです。

 

そしてシード選手以外でベスト16に残ったのは、クズネツォフのみです。

 

とすればベスト16以降の対戦は、強豪どうしの熱戦が期待できます。

 

錦織圭4

 

全豪オープンテニス2016ベスト16組合せ&トーナメント表結果

 

スポンサードリンク

 

【全豪OPベスト16】

 

全豪オープン ベスト16

 

(1/24)

⑦錦織圭(7位) 3-0 ⑩J・ツォンガ(10位)

(6-4、6-2、6-4)

 

①N・ジョコビッチ(1位) 3-2 ⑭G・シモン(15位)

(6-3、6-7(1)、6-4、4-6、6-3)

 

⑥T・ベルディハ(6位) 3-2 ㉔R・バウティスタアグ(21位)

(4-6、6-4、6-3、1-6、6-3)

 

③R・フェデラー(3位) 3-0 ⑮D・ゴフィン(16位)

(6-2、6-1、6-4)

 

(1/25)

スポンサードリンク

 

㉓G・モンフィス(25位) 3-1 A・クズネツォフ(74位)

(7-5、3-6、6-3、7-6(4))

 

⑬M・ラオニッチ(14位) 3-2 ④S・ワウリンカ(4位)

(6-4、6-3、5-7、4-6、6-3)

 

⑧D・フェレール(8位) 3-0 ⑩J・イスナー(11位)

(6-4、6-4、7-5)

 

⑯B・トミッチ(17位) 0-3 ②A・マレー(2位)

(4-6、4-6、6-7(4))

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ