錦織圭シティオープン2015準決勝試合時間やBS朝日の放送時間

 

2015年シティオープン 準決勝で第2シードの錦織圭選手は

ノーシードからの勝ち上がりの世界ランク62位サミュエル・グロースと対戦。

 

セットカウント2-0(6-4、6-4)で完勝し、準決勝(ベスト4)に進出

準決勝では難敵の第3シードチリッチと対戦します。

 

錦織圭2

 

準々決勝の相手グロースは、サービスの世界最速記録の保持者。

錦織選手もそのサービスに苦しめられて15本のエースを許します。

 

しかし、ストロークではグロースを圧倒。1ゲームもブレイクされることなく

ストレートで勝利しました。

 

一方の反対側のブロックでは、第1シードのマレーに続き、

錦織選手が大の苦手とする第4シードのガスケも敗退。

 

錦織選手の復帰戦にして、今年のバルセロナ以来のツアー優勝もいよいよ見えてきました。

 

錦織圭シティオープン準決勝の試合時間やBS朝日の放送時間

 

スポンサードリンク

【シティオープン2015】

 

(準決勝)

②錦織圭 - ③マリン・チリッチ(クロアチア)

 

8月9日(日) 午前3時30分試合開始予定

 

BS朝日 未定

スカパーGAOLA 午前3時28分から生放送

 

※日時はすべて日本時間

 

BS朝日については現時点では放送時間が発表されていませんが、

生中継は確定的です。

 

恐らく、これまで通り試合開始時間直前から放送開始となるでしょう。

わかり次第、追記しておきます。

 

また、夜の時間帯にも録画放送をすると思いますので、そちらも追記しておきます。

 

チリッチの詳細や対戦成績など

スポンサードリンク

チリッチ1

 

 

錦織圭   マリン・チリッチ
1989.12.29(25歳) 年齢 1988.9.28(26歳)
180cm/77kg フィジカル 198cm/82kg
右/両手 ストローク 右/両手
5位(最高位4位) 世界ランク 8位(最高位8位)
38勝9敗 今季成績 14勝10敗
9勝 ツアー優勝 14勝
5勝 対戦成績 3勝

チリッチと錦織圭選手は、昨年の全米オープン決勝での対戦があまりに有名。

その時は残念ながら錦織選手はストレート負けを喫してしまい、

初のグランドスラム優勝という偉業を阻まれました。

 

しかし、当時の錦織選手は故障明けで、ラオニッチ、ワウリンカ、

ジョコビッチなどの名だたるプレーヤーとの激戦後。

 

当時のプレーを見るに、既に本来の体のキレはなく、チリッチに負けたというよりも

明らかにガス欠という状態でした。

 

錦織選手とチリッチとの過去の対戦成績は、錦織選手の5勝3敗

対戦は昨年の全米オープン以来となります。

 

【錦織圭VSマリン・チリッチ対戦成績】

 

2014全米オープン ●錦織0-3チリッチ○

2014バルセロナ  ○錦織2-0チリッチ●

2014ブリスベン  ○錦織2-1チリッチ●

2013メンフィス  ○錦織2-1チリッチ●

2012全米オープン ●錦織1-3チリッチ○

2011チェンナイ  ○錦織2-1チリッチ●

2010全米オープン ○錦織3-2チリッチ●

2008インディアン ●錦織0-2チリッチ○

 

上記のように錦織選手はチリッチ戦は2013年から3連勝していましたが、

昨年の全米オープンで連勝がストップしました。

 

ただし、錦織選手が大ブレイクした2014年以前にもチリッチとは

ほぼ互角の戦いをしていることから、本来的には錦織選手にとって

チリッチは苦手なプレーヤーではなく、むしろ相性のいい相手に入るでしょう。

 

チリッチの最大の武器は、やはり長身から打ち込む角度あるファーストサービスです。

 

得意のバックハンドも強烈ですが、ストロークプレーやラリーに関しては、

錦織選手のほうがチリッチよりも1枚上手です。

 

準々決勝のグロース戦でも、錦織選手は高速サーブへの対応はできていました。

 

ストロークに関してはチリッチのほうがグロースよりも断然上ですが、

サービスさえ対応できれば錦織選手の勝利は見えてくるはず。

 

ちょっと試合開始時間が日本時間で未明の時間帯ですが、

錦織選手には難敵チリッチを破って決勝進出といってほしいものです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ