上海ロレックスマスターズ2015錦織圭ベスト16の組合せ&ドロー

 

上海ロレックスマスターズ2015 2回戦の試合が終わり

ベスト16(3回戦)が出そろいました

 

ベスト16の組合せとトーナメント表(ドロー)をご紹介していきます。

 

錦織5

 

上海ロレックスマスターズ2015は、ここまで第2シードのフェデラー

第7シードのフェレールが敗れる波乱が起きましたが、その他は概ね順当です。

 

錦織圭選手はもちろんのこと、第1シードのジョコビッチ、第3シードのマレー、

第4シードのワウリンカも順当に勝ち上がりました。

 

そして迎える3回戦では、いよいよシード選手同士の対戦も予定され

これまで以上に盛り上がりそうです。

 

上海ロレックスマスターズ2015 ベスト16の組合せ&ドロー

 

スポンサードリンク

 

【上海ロレックスマスターズ2015】

 

上海ベスト16

 

(3回戦)

⑯ツォンガ(15位) - ラモス・ビノラス(70位)

(14時30分試合開始予定)

 

【見どころ】

第15シードのツォンガの対戦相手は、2回戦でフェデラーを破り大金星を挙げた

予選勝ち上がりのラモス・ビノラス。

 

キャリアハイでも世界ランクの最高位が38位のラモス・ビノラスが、

フェデラーを破るとは誰も予想できなかったでしょう。

 

ツォンガとの対戦成績はツォンガの2戦2勝。しかもラモス・ビノラスは、

典型的なクレーコーターでハードコートの実績は皆無です。

 

下馬評はツォンガ有利ですが、この大会の台風の目になりつつある

ラモス・ビノラスがどこまで善戦できるか?

 

③A・マレー(3位) - ⑬J・イスナー(13位)

(14時30分試合開始予定)

 

【見どころ】

第3シードのマレーは、第13シードのビッグサーバー・イスナーと対戦。

ここまでマレーの3戦全勝で、イスナーはマレーに勝てません。

 

しかし今季好調のイスナーはデビスカップでマレーと対戦した際には、

タイブレイクに2度も持ち込む健闘。

 

ポイントはイスナーのサービスにマレーがどのように対応するかになりそうですが、

なかなかの熱戦になりそうです。

 

⑥錦織圭(6位) - ⑫K・アンダーソン(10位)

(16時30分試合開始予定)

 

【見どころ】

錦織選手は、ビッグサーバーのアンダーソンと対戦。

過去の対戦成績は錦織選手の2戦2勝

 

錦織選手の優位は揺らぎませんが、アンダーソンも好調で

世界ランクも初の10位まで上げてきました。

 

錦織選手がアンダーソンのサーブにどう対応するか、

不安定なファーストサービスの確率をどこまで上げることができるかがポイントでしょう。

 

①N・ジョコビッチ(1位) - ⑮F・ロペス(17位)

(16時30分試合開始予定)

 

【見どころ】

第1シードの王者ジョコビッチは、このベスト16で

第15シードのロペスの挑戦を受けます。

 

両者の対戦成績はジョコビッチの6戦全勝

ロペスはジョコビッチに勝ったことがありません。

 

下馬評ではジョコビッチの優位は揺るぎませんが、

技巧派のロペスがどこまで食い下がれるかは注目です。

 

スポンサードリンク

 

④S・ワウリンカ(4位) - ⑭M・チリッチ(12位)

(18時試合開始予定)

 

【見どころ】

ワウリンカとチリッチの対決も楽しみです。過去の対戦成績は、

ワウリンカの8勝2敗

 

ワウリンカはチリッチ相手に4連勝中。最後にチリッチに負けたのは

2010年の全豪オープンですから、ほぼ5年間負けなしです。

 

ワウリンカがかなり有利ですが、試合巧者の両者ですのでなかなかの好ゲームが予想されます。

 

⑪R・ガスケ(11位) - B・トミッチ(20位)

(19時試合開始予定)

 

【見どころ】

第11シードのガスケには、オーストラリア期待の若手トミッチが挑みます。

ここまで両者の対戦成績はガスケが6勝1敗と大きくリード

 

技巧派のガスケは、こういう選手に強いですね。トミッチにはここまで3連勝中です。

 

対するトミッチもまだ22歳ながら、世界ランクもキャリアハイの

20位まで上げてきましたし、2回戦で第7シードのフェレールを破っています。

熱戦が期待できそうです。

 

⑧R・ナダル(7位) - ⑨M・ラオニッチ(9位)

(19時試合開始予定)

 

【見どころ】

ベスト16注目の一戦。これまでの対戦成績はナダルの5勝1敗

 

ですが直近のインディアナウェルズでは、ラオニッチがフルセットの激戦の末、

初めてナダルを撃破。

 

ナダルもラオニッチもようやく故障から復調気味ですので、激戦が予想されます。

 

⑤T・ベルディハ(5位) - ⑩G・シモン(14位)

(21試合開始予定)

 

【見どころ】

第5シードのベルディハですが、シモンは苦手の選手。

ここまで4勝7敗と分の悪さが目立っています。

 

今年もウインブルドン3回戦で、シモンにストレート負けを喫しています。

技巧派のベテラン・シモンに早い段階で主導権を握られると、ベルディハも苦しくなります。

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ